FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

美しい渓流と言えば奥入瀬(おいらせ)でしょうか。
遊歩道が整備されて、多くの人が。

  ※ 日光の湯川が好き、という人がいるかも知れない。
    また、山に入ると渓流はどこにでも。
    規模は小さくても、魅力的な所はいっぱい。

石ヶ戸(いしけど)から子ノ口(ねのくち)まで歩く。
9㌔ちょっとか。 

天気がいいから楽しみ。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

印が出発点。 石ヶ戸。  湖に出たところが子ノ口。    高い所に十和田湖。

s-19年6月20日 (1)    s-19年6月20日 (2)

石ヶ戸には無料駐車場。 トイレなどがある。

s-19年6月20日 (3)    s-19年6月20日 (4)

案内は丁寧に。 

s-19年6月20日 (5)    s-19年6月20日 (6)

エゾハルゼミの鳴く中を歩く。   標高が高いから、新緑の感じ。
自転車で行く人。   みんな中国人。  東北にもやってくるようになった。

s-19年6月20日 (7)    s-19年6月20日 (8)

川と遊歩道と車道は、付いたり離れたり。   右写真にガイドさんがいる。

s-19年6月20日 (9)    s-19年6月20日 (10)

感動のスポットは、みんな自分で見つける。

s-19年6月20日 (11)    s-19年6月20日 (12)

魚にとっては天国の川。  滝は数えきれない。

s-19年6月20日 (13)    s-19年6月20日 (14)

いた、ヤマメ(ヤマベ)。   虫が落ちてきたり流れてきたら、飛びつくように食う。
きれいな模様だ。   北海道で、釣って食べるぞ。  この写真見たら、可哀そうになってきた。

海のカレイにするか。 でも、カレイだって・・。  むずかしくなってきた。
納豆食べれば平和。

雲井の滝。   バス停がある。    滝を包む風景全体がいいのか。

s-19年6月20日 (15)    s-19年6月20日 (16)

中央にカワガラス。

s-19年6月20日 (17)

虫を探している。  石の下にいる。 
顔を水に突っ込んで、泳ぎだした。   この後もぐった。

s-19年6月20日 (18)    s-19年6月20日 (19)

昨晩雨が降ったから空気が澄んでいる。  思いっきり吸いたくなる。
小さな素敵な風景も、あちこちに。

s-19年6月20日 (20)    s-19年6月20日 (21)

この花は分からない。  イチヤクソウっぽいんだが。 葉っぱを撮ればよかった。
ミヤマカラマツなど、いくつかの花はあった。

普通の路線バスだって、見所が来たらゆっくり走る。 
アナウンス。(だから料金が高いのかな)   帰りはバスにした。

※ 元気あったら帰りも歩くんだって出発した。
  いつの間にか、そんな気持ちはどこかに消えていった。

  どこまでも行くぞ行くぞ、って気持ちがあったのは、旅に出て3年ほどか。
  ある日、パタッとなくなった。 片道6時間の山も、迷わず行ってた。 今3時間。 

s-19年6月20日 (22)    s-19年6月20日 (23)

階段のような滝。  本流から少し離れて。  途中にロープ。 近づけない。
  ※ 中国人の女性がいた。 何の迷いもなく入っていく。 がっちり道がある。

別の所に、佐藤春夫の文が。  彼の、サンマが苦いとかいう詩が好き。

s-19年6月20日 (24)    s-19年6月20日 (25)

銚子大滝。   魚は登れない。

s-19年6月20日 (26)    s-19年6月20日 (27)

水門があった。 流す水の量をこれで調節。 
夕べ雨なのに、川の水量は特に多くなかった。  これがあるからだ。

他に、発電所の方に行く水もあるんですね。 ※ 昨日見た鉄塔の電線は、十和田発電所からかな。

s-19年6月20日 (28)    s-19年6月20日 (29)

着きました。 遊覧船。  駅ってあるのがバス停。  

s-19年6月20日 (30)    s-19年6月20日 (31)

十和田湖は大きい。  噴火した大きな穴に水が貯まった。  カルデラ湖ですね。
ここから出る川は、奥入瀬渓流の奥入瀬川だけ。   ※ 発電所へはトンネル。

s-19年6月20日 (32)

お店があったり。   右のバスで戻ってきた。 下りて撮影。

s-19年6月20日 (33)    s-19年6月20日 (34)

石ヶ戸にミニ資料館のようなのが。

s-19年6月20日 (36)    s-19年6月20日 (35)

素敵な風景に出会っているうちに、いつの間にか終点に。
そんな奥入瀬渓流でした。

【道の駅】    虹の湖 (黒石市)    青荷温泉~ランプの宿~  他 (2009/09/10)

【明日の予定】    黒石市

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.

スポンサードリンク

 
 

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/3199-abfa62af

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 奥入瀬渓流、石ヶ戸から子ノ口まで歩く。 銚子大滝他、たくさんの滝。。 倒木はそのままに。 カワガラス。~十和田市~ 他 (2019/6/20)
  • 2019年06月21日 (金)
  • 09時35分27秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。