FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

駒ヶ岳に登った昨日は、あの天気。
今日は打って変わって、昼間ライト点けて走った。

   ※ 打っては、音を立ててびっくりさせるように、感動を与えるように・・。(語源から・初めて知った)
  ・  ・  ・  ・  ・
5日黒松内町、6日伊達市と決まっている。
北上の途中で、景色のいいパノラマパークに寄って。

いい温泉があると思い出して、山に入っておぼこ荘に。
快適な露天風呂。

おぼこ荘のおぼこは、雄鉾(おぼこ)岳のおぼこと知った。
1000㍍にちょっとだけ足りない、極めつけといえる険しい山。

今日はずっと霧雨の中。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

印がパノラマパーク。 半島の真ん中辺りに八雲温泉おぼこ荘。

s-19年7月4日 (2)(1)    s-19年7月4日 (1)(1) 

パノラマパークに。 中心の建物、パノラマ館。

s-19年7月4日 (18)

海は向こうに。   広く公園になっている。

s-19年7月4日 (7)    s-19年7月4日 (8)

左に、道央自動車道のパーキングエリア。  自分の車は行けない。

s-19年7月4日 (9)

パノラマ館のデッキから。  噴火湾が霞んでいる。  ホタテの養殖が盛ん。
北海道らしい公園の風景。

s-19年7月4日 (11)

左下に、八雲町の市街地。  昨日山で出会った人はこの町の人。
右下に花畑。  側の駐車場は閉まっていた。 

s-19年7月4日 (12)    s-19年7月4日 (13)

近くの看板の上にスズメさん。 逃げないから写真を。  
何してんのよ~とか話しかけていたら、最後に目が合った。 

ほっぺとくちばしの下が黒い。  どのスズメもそう。  ただ、形に個性が。

s-19年7月4日 (14)

パノラマ館の隣に丘の駅。

s-19年7月4日 (10)

お店の隅に、情報コーナー。 クマの木彫りはこの町で始まった。
明治に入って徳川の殿様だった人が、スイスから見本を持ち込んだ。

  ※ 旭川市も、自分の所が最初と言っている。(Wikipedia)
  ※ クマの木彫りは全道に広がった。  今はフクロウの方が人気があるでしょうか。
  ※ 自分は、木彫りは阿寒で買う。 店が多く質が高い。 質を上げたのはビッキというアイヌの人。(最後に記事紹介)    

s-19年7月4日 (15)    s-19年7月4日 (16)

八雲の市街地を過ぎて山に入った。 国道277。
右の川は、鉛川。 ユーラップ(遊楽部)川の支流。
  ※ ユーラップ川は素敵な名前。 右は以前書いた記事。ppppklpppp.jpg

s-19年7月4日 (25)

真っ直ぐ行ったら峠を越えて日本海側に。  ここで左に。  鉛側も左に。

   ※ 八雲町は太平洋と日本海の両方に面している。
     晩に着いた黒松内町は海がない。 どっちの海にも400㍍程近づくのに。

s-19年7月4日 (23)    s-19年7月4日 (21)

ブナ林の雰囲気。   すぐに着いた。

s-19年7月4日 (24)    s-19年7月4日 (22)

八雲温泉おぼこ荘。 町営。 日帰りと宿泊、両方のために建てた。

s-19年7月4日 (6)

大きな魅力は露天風呂。 羊蹄山の方から運んだ石。  鉛川のせせらぎの音を聞きながら。
動物が出てきそう。 (HPからお借り)

s-19年7月4日 (5)

8年ほど前に一度来ている。 人も施設もよかったので、それを思い出して再び。(ここの紹介のYouTubeから)

s-19年7月4日 (29)

内湯。 泉質は、ナトリウム―塩化物・炭酸水素塩泉。 入ったら、濃いなって感じ。
湯花が、石にくっ付いている。   泡は見えなかったけど、炭酸泉でも。

源泉が高温なので薄めている。 それでも濃い。 大量に流れ出て。
他に人がいたので、撮影は出来ない。 (これもHPから)

s-19年7月4日 (27)    s-19年7月4日 (19)

露天風呂に入ったら、この視線。   ※ 自分は露天風呂があっても、普通は入らない。

s-19年7月4日 (28)

おぼこって何だろうと思っていた。 鉛川の上流にある山だった。 雄鉾岳。
高さ1999.5㍍。(1999.6㍍とも)  石を積んで2000㍍にしたら違反か。

   ※ 道南のグランド・ジョラスと呼ぶ人もいるよう。(アルプスのモンブランにある山)

登山道はあるけど、けもの道のような道のよう。 鎖場やロープが多く。

s-19年7月4日 (4)

女性1人で行った人がいる。 戻って来るまで9時間25分。 下はその人のルート。   右はネットの写真。

   ※ 詳しくは、右に。  ひろこの山旅  雄鉾岳 999.6m
     すごいな~って感じます。

s-19年7月4日 (20)    s-19年7月4日 (3)

いい温泉に入って、今日はのんびりしました。
夕方、黒松内町の道の駅に。

【記事紹介】

   エコミュージアムおさしまセンター BIKKY アトリエ3モア  北海道命名の地 ~音威子府~  他  (2012/9/9)

【道の駅】   くろまつない

【明日の予定】    最北のブナ林の見学。   夕方、昔の同僚のTさんに会う。 いいことがあったので。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/3216-abfc2a65

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 噴火湾パノラマパーク。 スズメと目が合った。 鉛川の上流に、八雲温泉おぼこ荘。 険しい雄鉾岳。~八雲町~ 他 (2019/7/4)
  • 2019年07月05日 (金)
  • 07時26分00秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。