FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

ねぷたは弘前市の祭り。
それがどうして、斜里町にあるのでしょう。
  ・  ・  ・  ・  ・
昼過ぎ、天に続く道の写真を撮っていた。
ある人が、今日は斜里のねぷただね、という。

見たことないので見学することに。
駐車場は混むだろうから、早くに道の駅に入った。

短い知床の夏。
斜里の人たちの心は、ねぷたで燃えた。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

知床半島の付け根に。   知床は斜里と羅臼で分け合っている。

s-19年7月27日 (1)

散歩。  知床斜里駅。  

s-s-19年7月27日 (2)ppp    s-19年7月27日 (3)
  
確かに今日だ。   駅には情報センターが。

s-19年7月27日 (5)    s-19年7月27日 (4)

道の駅。  祭りの中心はここの前の道で。  
ここは、人の集まる中心地。  道の駅の使い方で学ばされます。

s-s-19年7月27日 (6)nnnnn 

中にはねぷたの展示。   弘前の物産展。  ※ 弘前は、今年も去年も行きましたね。

s-19年7月27日 (7)    s-19年7月27日 (9)

これを読んで分かった。  江戸時代のこと。
津軽藩の人がここで亡くなっている。  

慰霊祭を斜里ではしている。 
そのお礼の意味もあって、門外不出のねぷたを、斜里町でできるように。

  ※ 余談  津軽藩とオホーツク地方の関りは江戸時代からあった。
        津軽一統誌という古文書がある。
        オホーツク地方の古いことは、この文書で分かっている。(昔読んだことが)

右は弘前のねぷた。 弘前城のサクラ。

s-19年7月27日 (8)    s-19年7月27日 (10)

役場の出発は7時。  出発した。   戻って、自分は道の駅で待つ。

s-19年7月27日 (11)    s-19年7月27日 (12)

7時半。   やってきた。   観光客も多い。

s-19年7月27日 (13)

しれとこ大太鼓。   音が祭りを盛り上げる。  心おどる。

s-19年7月27日 (14)    s-19年7月27日 (15)

間もなく日は沈む。  明日はいい天気。

s-19年7月27日 (16)

これがねぷた。  扇の形をして。   武者絵。   朝日小学校。
甘寧(かんねい)は、中国の三国志に出てくる武将。  自分は分からない。

s-19年7月27日 (17)    s-19年7月27日 (18)

祭りばやし。 

s-19年7月27日 (19)

斜里小学校。   子どもたちは夏休みだ。

s-19年7月27日 (20)    s-19年7月27日 (21)

弘前のねぷたと同じで、地元の人が作る。 参加する。

s-19年7月27日 (22)

弘前のねぷたは、8月1日から。 

    ※ 来年か再来年には、再度行くことになります。 八戸も見て。
      今年考えていたけど、エアコンが調子悪くて北上を早めた。

s-19年7月27日 (23)    s-19年7月27日 (24)

体力がいる。  積み重ねて今の規模に。

s-19年7月27日 (25)

絵がプロっぽい。   関羽(かんう)。   上の甘寧と同じ時代の人。

s-19年7月27日 (26)

こんなのいいですね。   みんなシートベルト。   気合い入れて。  夜空に響かせる。

s-19年7月27日 (27)    s-19年7月27日 (28)

上から顔を出して。

s-19年7月27日 (29)    s-19年7月27日 (30)

バチバチたたくと、音が違う。

s-19年7月27日 (31)

これも三国志。  義経や静御前を、他で見ることが。

s-19年7月27日 (32)

ねぷたの魅力は、この絵でしょうね。  反対側は、右のようなのが多い。

s-19年7月27日 (33)    s-19年7月27日 (34)

最後です。

s-19年7月27日 (35)

夏の頂点に祭り。   終わるとちょっぴり寂しい。 花火大会の後も同じ。

s-19年7月27日 (36)

行って戻って来るけど、見学はここまで。

斜里町の人たちのエネルギーを見ましたね。
知床観光は発展している。

【動画】









【記事紹介】  弘前ねぷたまつり ~最後の雨に、切れるように燃えた~   他  (2010/8/1)  

【道の駅】    浜小清水

【明日の予定】  天に続く道の紹介(写真は撮ってあります) 

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/3240-f661cc5c

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • しれとこ斜里ねぷた。 熱い知床の夜。 鎮魂の祈りを込めて。(ねぷたがどうして斜里に) 道の駅しゃり。~斜里町~ 他 (2019/7/27)
  • 2019年07月28日 (日)
  • 09時17分24秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。