fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

なんか、見たことある風景だな。
なんと、昨年の秋に来ていた。
  ・  ・  ・  ・  ・
その間違いが良かった。
人間、間違いはするもんだ。

初めて三重塔の中に入り、最上階に上がれた。
調べたら、それが出来るのはここだけだった。

狭い階段を上って塔の周りの「縁(えん)」に出る。
そこからの風景は格別。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

安来市の中心街からすぐ。 島根県に入った。  
  ※ オレンジ〇は能義(のうぎ)平野。 コハクチョウがいた。 

s-19年11月17日 (1)ppp    s-19年11月17日 (2)

広い駐車場からここに。 この地図見たことあるような。

s-19年11月17日 (4)    s-19年11月17日 (5)

参道を上がってきた。  旅館や食べるお店が。  だんだん思い出してきた。

s-19年11月17日 (6)    s-19年11月17日 (7)

広場に出た。  正面に本堂である根本堂。  三重塔の上。

s-19年11月17日 (8)    s-19年11月17日 (9)

石段を上がってきた。   右写真の建物は右の方に。 座禅や写経をするのか。

  ※ 座禅は曹洞宗などの禅宗で行うのかと思っていた。
    実際は、いろんな宗派でも行っている。 ここは天台宗。

s-19年11月17日 (10)    s-19年11月17日 (11)

根本堂。  右に護摩堂。 右写真はそこの本尊、お不動様。 (護摩堂の本尊はだいたいこれ)

s-19年11月17日 (12)    s-19年11月17日 (13)

根本堂。  写真はここまで。 大悲閣(だいひかく)とある。 ご朱印。
大悲は観音様の心。 閣は建物。  本尊は観音様なので。

  ※ ここでのご朱印帳には、大悲閣と書くことが多い。  京都の清水寺も同じかな。

s-19年11月17日 (14)    s-19年11月17日 (42)

三重塔に行く。 昨年来た時は、小雨っぽかった。
この時はまだ、塔の上に行けると知らない。

s-19年11月17日 (15)

撮り忘れた写真がある。 塔の縁(えん)に人がいる光景。
どこかに写っていないか、写真を全部調べた。

この写真に人がいた。 人の大きさがこのように。
柵のような高欄(こうらん)は、腰の高さくらい。

s-19年11月17日 (16)

人が入って行く。 受付の小さな建物の人に聞いた。
入るだけでなく上まで行けると言う。 最上階まで。 500円を払った。

本尊は五知如来。 大日如来など5つの如来様。

s-19年11月17日 (18)    s-19年11月17日 (17)

ここから入って。 4つの面に如来様。 1つの面だけ2人。  最後に紹介。
入って左奥に階段。   狭くて急。  手すりは無い。

s-19年11月17日 (19)    s-19年11月17日 (20)

上がってきた。 この場所は立てる。   出口は狭い。
人の肩の高さと高欄の高さが、だいたい同じ。   四方に出口。

江戸時代末期の建物。  右写真、人がいる。 丸い柱に。 
地獄で服をはぎ取る奪衣婆(だつえば)みたい。

s-19年11月17日 (21)    s-19年11月17日 (22)

縁に出た。  人がこのように。  2階部分。

s-19年11月17日 (24)    s-19年11月17日 (25)

出口はこんな感じ。 高欄は高くないから、背の高い人は注意。

s-19年11月17日 (26)

最上階に行く。  
小さな子供2人も、何とかかんとか親と一緒に上がった。 下る時、怖がった。

s-19年11月17日 (23)    s-19年11月17日 (27)

遠くまで見える。 下の風景もいい。

s-19年11月17日 (28)    s-19年11月17日 (29)

海の方向かな。  人が立つと右の感じ。(山陰探県からお借り)

s-19年11月17日 (30)    s-19年11月17日 (3)

今日はいい日だ。 塔の最上階にあがれるのは全国ここだけ。 紅葉も美しい。

s-19年11月17日 (31)    s-19年11月17日 (32)

普通の釘でない。

s-19年11月17日 (33)    s-19年11月17日 (34)

ここを下りる。 後ろ向きが安全。 人が見える。
文化財だから、金属の手すりは付けられないのか。 今は結構危険。

s-19年11月17日 (35)

1階にある五知如来。 1ヶ所だけ2人。

s-19年11月17日 (36)    s-19年11月17日 (37)

広角のレンズがないとこれ以上無理。   右を下って。

s-19年11月17日 (38)    s-19年11月17日 (39)

手水場の向こうに、小さな茶屋。 お店。

s-19年11月17日 (40)    s-19年11月17日 (41)

塔の最上階を見学出来て、今日はよかったです。
高い所は面白い。

【その他】  能義平野にコハクチョウがいた。 3月ころまでいてシベリアに。
       ここが渡りの南限のよう。   ツルのように、絶滅の心配はない。

s-DSCF6752.jpg    s-DSCF6755.jpg

【記事紹介】   昨年の。

   小雨の安来(やすぎ)清水寺へ。 根本堂は重要文化財。 三重塔。 境内は紅葉に彩られて。~安来市~ 他 (2018/11/22) 

【今日の一曲】  Paul Mauriat(ポールモーリア) - JE NPOURRAI JAMAIST TUBLIER   再会     昨年の記事に載せた曲。



【道の駅】   広瀬・富田城。

【明日の予定】    富田城跡に。   雨が80㌫。 ・・・。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/3351-dc75ffcd

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 安来清水寺の三重塔は、国内唯一最上階まで上れる。 高欄のある縁からの大パノラマ。 紅葉は今が。~安来市~ コハクチョウ。 (2019/11/17)
  • 2019年11月18日 (月)
  • 08時21分50秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。