FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

昨日の記事に、フゲンゾウという桜を紹介。
たまたま今日、命名の元になる普賢(ふげん)像に出会う。
   ・  ・  ・  ・  ・
普賢像には、普賢菩薩騎象像ってのが。  ※ ふげんぼさつきしょう像。
白い象に普賢像が乗っている。

白い象には鼻。 その姿に似てるのが、フゲンゾウという桜。
白い八重の桜。 花の真ん中に、先の曲がったメシベが出ている。 こんな花(京都千本閻魔堂で)。

国宝の普賢菩薩騎象像は、日本にたった2つ。(どちらも絵)
そのうちの1つが、今日の豊乗(ぶじょう)寺の所有。 (国立博物館に預けている。 寄託)
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
智頭(ちず)町の市街地から遠くない。 寺は3つの集落に囲まれて。

s-20年10月23日 (2)  s-20年10月23日 (1)

町のHPから。  町が紹介してるから、歩きやすい。  金魚米??   蛇の輪伝説。

s-20年10月23日 (40)

草刈氏は、この辺りから南にかけての人。 ※ 草刈正雄は関係あるのか。 彼が演じればいい。
右の説明、分かりやすいですね。

s-20年10月23日 (39)  s-20年10月23日 (38)

ここを上がって行く。  車は後ろに。 

 ※ 寺まで2㌔を切ったら、駐車場を探す。 道の広い所や空き地。
   車で寺まで行ったら、その地域を歩けない。 道が細いと困るし。

s-20年10月23日 (3)

山奥への道。 物見峠を越えたら、津山市に出る。 因美線に沿って。 いつかは・・。
右写真、向こう方来た。  豊乗寺まで550㍍。 

   ※ 余談  豊乗寺の乗ると、普賢像が象に乗ってるのと関係あるのでしょうか。

s-20年10月23日 (4)  s-20年10月23日 (5)

この秋は、こんな道を歩きたい。

s-20年10月23日 (6)  s-20年10月23日 (7)

脇道もいいですね。 

    ※ 放している犬は嫌い。 太めのステッキを持っている。 サルも追える。
      蜘蛛の巣があっても、それで。 カメラの一脚にも。

s-20年10月23日 (8)

ここで左に。  右手に山の奥の集落が見えた。

s-20年10月23日 (9)  s-20年10月23日 (10)

別の集落も。 金魚米か。 ここには、大きな機械が入れなかったのかな。

s-20年10月23日 (11)  s-20年10月23日 (12)

右に上がって行く。 クマ対策は万全。

s-20年10月23日 (13)  s-20年10月23日 (14)

右に古い池。  伝説の舞台。 池にあるのは弁天堂ですね。
見えてきました。

s-20年10月23日 (15)  s-20年10月23日 (16)

六地蔵+1。   楽しい字だけど、読みにくい。
昔、若い娘が、恋が叶わず大蛇になってさっきの池に身を沈めた。 

s-20年10月23日 (17)  s-20年10月23日 (18)

真言宗の寺。 空海。  石段を上がって。 そうそう、大杉があるのは分かっている。

s-20年10月23日 (19)  s-20年10月23日 (20)

仁王門。 

s-20年10月23日 (21)

落ち着いた表情。 下は、いつも「うん」と言う。
入ってもいいかい。うん。 今日はいい天気だね。うん。

s-20年10月23日 (22)  s-20年10月23日 (23)

書面に庫裏(くり)。 寺務所兼住まい。

s-20年10月23日 (24)

左に鐘楼。

s-20年10月23日 (25)

焼かれるかも知れないと思ったら、本尊や大事なものは、山に隠す。
それをやったから、この寺には文化財が多い。

豊乗寺は大きく栄えた時代がある。 それを支えてくれたのは誰なのか謎。
そういうことかな。
s-20年10月23日 (28)  s-20年10月23日 (26)

国宝の「絹本著色普賢菩薩像」を今の時代によく残しましたね。 奇跡のよう。
木造の建物に国宝は、基本的に保管しない。 国立博物館に預けた。 

白い象に乗って。 フゲンゾウの花は、これから。  
            ※ 余談 絵でなく立体の像が京都の清凉寺に。 重要文化財。 その記事

s-20年10月23日 (27)  s-20年10月23日 (37)

※ 今の時代、精巧に復元の絵をつくれます。 
  それを本堂とかに展示すればいいですね。  やってる所があります。

右方面。  正面に本堂。 右に茅葺の大師堂(だいしどう)。

s-20年10月23日 (29)  s-20年10月23日 (30)

大杉は、左の方をくぐって。

s-20年10月23日 (31)

裏の庭に出た。 
    ※ 遊び 表の庭にも裏の庭にも、ニワトリが2羽いたら面白い。
        「 うらにわにはにわ にわにはにわ にわとりがいた」 (裏庭には2羽 庭には2羽 鶏がいた)

s-20年10月23日 (32)

池の向こうに。  直径2㍍。 周囲10㍍以上。  ※ ムササビでもいないかな~って眺める。
何度か、寺が焼けるのを見てますね。

s-20年10月23日 (33)  s-20年10月23日 (34)

門を出る時お辞儀して、戻ってきました。  右写真、〇の所で水が分岐。 

s-20年10月23日 (35)  s-20年10月23日 (36)

田舎を歩きたかったので、何かないかなって探しました。
それで、豊乗寺を見つけました。

寺の宝は、日本の宝でした。

【道の駅】   宿場町ひらふく。

【明日の予定】     今いる近くを。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6
    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
. 

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/3700-69d9f679

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 豊乗寺は、国宝「絹本著色普賢菩薩像」を持っている。 それは騎象像の絵。 蛇の輪伝説。 金魚米。~智頭町~ 他 (2020/10/23/金) 
  • 2020年10月24日 (土)
  • 09時38分01秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。