FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

山奥の山の上に、木山寺。
大きな寺の様なので行ってみる。
   ・  ・  ・  ・  ・
道の駅の近くに、木山寺への案内標識。
ナビの道とは違うけどその道を。

近道だった。 途中、道が不安。
地元の人に聞いた。  何とかなった。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
行くときは赤〇道。 緑〇が案内の道。 細いので行かなかった。
右地図。  今は中国地方の真ん中辺りに。

中国人が中国に来たってなると、紛らわしい。
 ※ 余談 はるか昔の日本の中心は、京都と九州の太宰府でした。
      その中間にあるので、中国地方と呼ばれるように。

s-20年10月30日 (1)  s-20年10月30日 (2)

駐車場から上がって行く。 左にアジサイの花畑。 ただ、紅葉の方が有名みたい。

s-20年10月30日 (3)  s-20年10月30日 (35)

池があって、弁天堂。  向こう側に鎮守橋。 右の鳥居はそこへの橋。
ここは寺なのに鳥居が。 この時知るけど、木山寺は神仏混交の寺でした。 混ざっている。

   ※ 神社は寺を守る意味があるから、鎮守橋でしょうか。 
珍しい神と言うか仏。  後ほど。 

s-20年10月30日 (4)  s-20年10月30日 (5)

橋の上から。 石段を2度登って本堂に。

s-20年10月30日 (6)

橋の上から。  右写真、右奥は宿泊施設。 

s-20年10月30日 (7)  s-20年10月30日 (8)

不老門。 通ったけど、長生きできるかな。  1688年建立(元禄元年)と説明が。

s-20年10月30日 (9)

上がってきた。   右に大師堂。  後ほど。   イチョウの黄緑。 

s-20年10月30日 (10)

左側。  英霊碑とかが並んで。   右は上がってきた不老門。

s-20年10月30日 (11)  s-20年10月30日 (12)

昔は大名のお世話になって。  今は檀家の力だけでしょうか。
本尊の他に変わった名前が。

s-20年10月30日 (13)

牛頭天王(ごずてんのう)とある。 京都の八坂神社の神と同じ。 頭に牛。
    ※ だから、あちこちの八坂神社は祇園社には牛が横になっているんですね。

薬師如来の化身。 ※ 神仏混交は日本独自。 矛盾が起きないように、化身と。

s-20年10月30日 (33)

これは、稲荷大明神。 狐に乗っている。

s-20年10月30日 (34)

本堂。

s-20年10月30日 (15)  s-20年10月30日 (17)

木山寺は、明治の神仏分離をうまく乗り切ったんですね。
寺は追い出されて、神社だけになった所が多いのに。

左の方に、鐘楼。 小さいな。  

s-20年10月30日 (16)

鐘楼前から本堂を。  見頃の紅葉は間もなく。  紅葉が終われば、冬はそこに来ている。
寒くなってきました。  今朝は6度。  

s-20年10月30日 (18)  s-20年10月30日 (19)

狐の狛犬(こまいぬ)だ。 狛狐(こまぎつね)。  
少し前の記事で、神社の狐を紹介。 あれは、駒狐の化身だったかも。  昼寝してた

s-20年10月30日 (20)  s-20年10月30日 (21)

下に来た。 弘法大師様。 お砂踏みって初めて見る。
右写真のように、四国霊場の境内の砂を、薄く袋とかに入れる。 

それを踏んで、88の本尊の絵にお参り。
四国霊場を全部行ったことになる。  一番簡単。
  
  ※ 88のお地蔵さんが並んでいるところも。 そっちの方が、作るの大変。
    自分は、行ってない所はどれだけでしょう。 20くらいかな。

s-20年10月30日 (22)  s-20年10月30日 (32)

大師堂。  ※ 四国霊場の寺には、いつも人がいますね。 観光寺院みたいに。

s-20年10月30日 (14)  s-20年10月30日 (23)

檀家の人が集まるのか。

s-20年10月30日 (25)  s-20年10月30日 (26)

門から出てきたら、左上への道。

s-20年10月30日 (27)

木山神社の奥宮だった。  本宮は山の下に。  奥宮のわりに、立派。

s-20年10月30日 (28)  s-20年10月30日 (29)

屋根は、檜皮葺(ひわだぶき)でしょうか。 ※ 耐久年数は30年から40年。

s-20年10月30日 (30)  s-20年10月30日 (31)

田舎の山奥に、不思議なほど大きく立派なお寺。
維持する費用は、どこから出るのでしょう。 檀家の数は。

神社の奥宮が山の頂上。 すぐ下に木山寺でした。

【道の駅】     醍醐の里。

【明日の予定】     鍾乳洞が第一候補。 天気がいいから変更するかも。 山の中の集落。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6
    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/3707-0e482b6a

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 神仏混交の寺、木山寺。 赤い鳥居と狐の狛犬。 四国霊場お砂踏み。 木山神社奥宮。~真庭市~ 他 (2020/10/30/金)
  • 2020年10月31日 (土)
  • 09時14分46秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。