FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

三見橋は大正3年に造られた。
眼鏡橋が作られた最後の時代でしょうか。
   ・  ・  ・  ・  ・
眼鏡橋は鉄道でいえば機関車のよう。
手作りの感じがして、美しい。

便利な橋ができると交通は一変。
谷底まで下りて橋を渡らなくて済みます。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
赤〇がその場所。 旧街道に造られた。

s-20年11月24日 (1)  s-20年11月24日 (2)

ここに広い駐車場。 端まで400㍍。 歩くことに。
少し行って、右に入る。

s-20年11月24日 (4)  s-20年11月24日 (5)

100㍍ほど歩けば見えた。 棚田の向こうに。

s-20年11月24日 (6)  s-20年11月24日 (7)

右遠くに不思議な土地。 何があったのでしょう。

s-20年11月24日 (8)  s-20年11月24日 (9)

ここにも駐車場。  今も使われている。 車が通れる。

s-20年11月24日 (10)  s-20年11月24日 (11)

大正3年。  眼鏡橋の多くは九州に。 技術を持った人が多くいた。

s-20年11月24日 (12)  s-20年11月24日 (13)

下は公園に。 アジサイなど、初夏には咲く。  いい季節。
旧赤間関街道は向こうに続く。 難所の鎖峠まで数㌔。 そして、長門・下関へと。

s-20年11月24日 (14)  s-20年11月24日 (15)

反対側から。

s-20年11月24日 (16)

造られたのが大正時代ということもあり、傷んでない。 そのまま。
石橋の技術は難しい。 調べたけど、設計者や技術指導者が分からない。 説明に書くことがほとんど。

美しいですね。 右に、復元した一里塚。 宿場までの距離などが。

s-20年11月24日 (17)  s-20年11月24日 (18)

この道は赤間関北浦道筋と呼ばれる街道。 萩から下関に行く一番北側の道。
 ※ 赤間関は下関のことですね。 そこにある大きな神社は、赤間神宮。  街道については後程も。

s-20年11月24日 (19)  s-20年11月24日 (20)(1)

近くから。 右写真中央下に要(かなめ)石。

s-20年11月24日 (21)  s-20年11月24日 (22)

隙間に、赤土と石灰を混ぜたものを詰めている。
 ※ 石橋は重さには強い。 苦手なのは車の振動。 詰め物がそれに対して強くしているのか。

s-20年11月24日 (23)

基礎部分はコンクリート。 橋の下の方が弱いと、洪水に負ける。
石は溶岩が固まった火成岩を使っている。(安山岩と閃緑岩) 硬い。

s-20年11月24日 (24)  s-20年11月24日 (25)

休憩所。  写真が貼ってある。  古い写真を見るのが好き。 どんな表情かなって。

s-20年11月24日 (26)  s-20年11月24日 (27)

江戸時代の人に扮して。 龍馬とお龍さんかと思った。 違った。 2人はこの街道は通っていない。

  ※ 余談 男の人の家紋が丸に花菱だった。 甲斐の武田氏の別の家紋。 家臣にこの家紋の家系が。
       その紋が気に入ったか、上の流れの人がこの地域にいますね。

右写真、上の2人は左に。 子供の表情は今の時代ですね。 右端の女装、似合っている。?。 

s-20年11月24日 (28)  s-20年11月24日 (29)

完成した時の写真。 多くの人。 右下に太い木の柱。
造るとき、橋の下に木の枠(わく)。  それを取り外して完成。

取り外すときは恐怖。 崩れないかと。 それに負けないために、酒を飲んだそう。
後ほどの説明に。

s-20年11月24日 (30)(2) 

遠くから。 石橋は丈夫。 木の橋のように朽(く)ちないし。

  ※ 余談 大正時代は鋼鉄の橋が作られ始めている。 地方だからまだ石橋でしょうか。
       橋の技術は急速に進歩し、昭和に入ると立派な橋がどこにでも。 
       北海道の旭川市の旭橋は、昭和の初めに。       

s-20年11月24日 (31)

河原に下りてみた。

s-20年11月24日 (32)  s-20年11月24日 (33)

街道の説明。 ここは①。赤間関街道北浦道筋。 
萩の殿様が大寧寺や俵山温泉へ行くとき通った。 寺と温泉の記事は最後に。

s-20年11月24日 (34)  s-20年11月24日 (35)

ここの道は、長門市を通る一番上に。  ※ 地図は、旧街道を歩く戦車にまみれからお借り。

s-20年11月24日 (40)  s-20年11月24日 (41)

小屋の後ろに、古い説明。  酒を飲んだことが。

s-20年11月24日 (36)  s-20年11月24日 (37)

来た道を戻る。  ここは庭園との表示があった。 夏には花いっぱいでしょうか。
戻ってきました。

s-20年11月24日 (38)  s-20年11月24日 (39)

完成した時は、感動だったでしょうね。
村人みんなでお祝いして。

三見橋は登録有形文化財。 100年後まで残りそうです。

【駐車場】    400メートル手前と、すぐ近くにも。

【記事紹介】   美しさと大きさで一番の石橋、霊台橋。   俵山温泉。  湯本温泉と大寧寺

【道の駅】     萩・さんさん三見(さんみ)。

【明日の予定】   旧宿駅三見市の紹介。 見学した橋の近く。 萩市 三見 三見市(さんみいち)。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6   

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/3732-6a9c4e78

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 三見(さんみ)橋は、深い谷にかかる眼鏡橋。 その道は、古くは赤間関街道北浦筋の街道。 大正3年に。~萩市~ 他 (2020/11/24/火)
  • 2020年11月24日 (火)
  • 23時18分34秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。