fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

用心が足りない。 また失敗。
厳しい酷道に入り込んでしまった。
   ・  ・  ・  ・  ・
国道から離れる寺へに道は調べていた。 
でも国道は調べなかった。  491という危険な大きさなのに。

自分は、参道が長いのが好き。  寺も神社も。
苦労するほど、感動が大きいような。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
貴飯峠(きばだお)って名前の峠が下に。 狭い狭い道が数㌔続いた。 脱輪に細心の注意。

s-20年12月3日 (1)  s-20年12月3日 (2)

その峠道。 少し道がいいので撮れた。

s-20年12月3日 (3)

無事に修善寺(しゅぜんじ)の駐車場に。 750㍍のスタート。
右下に遥拝(ようはい)所。  上に行けない人は、そこで手を合わせる。

s-20年12月3日 (4)  s-20年12月3日 (5)

少ないけど、下関市の山にはクマがいる。 山奥にはいかないかな。

s-20年12月3日 (6)  s-20年12月3日 (7)

参道には太い杉。 植えたものですね。 右写真は、護摩道場。

s-20年12月3日 (8)  s-20年12月3日 (9)

小さな石橋。 女性がここを通れるようになったのは、明治の初めから。
女人禁制の時代が続いた。 

  ※ 九州の国東半島に無明橋がある。 幅40㌢の石橋。 
     失敗して何人も死んでいる。 こんな橋。  自分は渡らなかった。 少しだけ上がってみた。 その記事

s-20年12月3日 (10)  s-20年12月3日 (11)

時々、お堂がある。 ここだけ撮った。   十一面千手観音。
第八十四番屋島寺とある。 四国の高松市にあります。 源平の屋島の戦いの近くです。  その記事

s-20年12月3日 (12)  s-20年12月3日 (13)

そんなに登ったら頂上に着きそう。  見えてきた。

s-20年12月3日 (14)  s-20年12月3日 (15)

弘法大師が待っている。 着いたようだ。 右上に巨岩。

s-20年12月3日 (16)  s-20年12月3日 (17)

一本杉の説明。 説明をちゃんと読まなかった。 下への道があった。 s-gghgjkkkkpppp.jpg 

s-20年12月3日 (18)  s-20年12月3日 (19)

まず、仁王門。

s-20年12月3日 (20)

門の右に。 右は回る経蔵が中に。 右写真は左のお堂。

s-20年12月3日 (21)  s-20年12月3日 (22)

仁王門。 経堂の前から。

s-20年12月3日 (23)  s-20年12月3日 (33)

すぐにまた石段。  正面に本堂。

s-20年12月3日 (24)

本堂の右。 お不動様が中に。 (禅師峰寺ってある。 四国の札所。 まだ行ってないかな)
   ※ のぼりの大聖歓喜天は左奥にあるよう。 見えない。

s-20年12月3日 (25)  s-20年12月3日 (26)

本堂の彫刻。 左上は琵琶を奏でている。 何の話か調べたけど、分からない。
 ※ 本堂に来たのは、自分のほかに3人。

s-20年12月3日 (27)  s-20年12月3日 (30)(1)

さっき説明した一本杉は、左に少し見えている。  右写真は向こうからこっちを。 深い谷。

s-20年12月3日 (28)  s-20年12月3日 (29)

本堂が右側。 巨岩。 御霊(みたま)石。

s-20年12月3日 (31)  s-20年12月3日 (32)

下に来た。 左に行けば奥の院。  本堂の裏に行けば、道が分岐。
左に行けば、狗留孫山の頂上に。 右に行く。

s-20年12月3日 (34)  s-20年12月3日 (35)

三社が見えた。 神仏混交の時代があって、三社。  
           ※ 秋葉大権現、妙見大菩薩、金毘羅大権現。  権現は仏が神の姿に。
この先ずっと行くと、奥之院。 どんよりした天気なので戻った。 クマも心配だし。 1滴雨がほっぺに。

s-20年12月3日 (36)  s-20年12月3日 (37)

一気に下る。

s-20年12月3日 (38)  s-20年12月3日 (39)

着いた。  建物は遥拝所。  
シカがいた、話しかけたら慣れた。 その代わりこっちを向いてくれない。

s-20年12月3日 (40)  s-20年12月3日 (41)

昔は、どれだけの人が参拝に訪れたでしょう。
歴史を感じる大きな寺でした。 

また来る時があったら、奥之院と山の頂上に行きたい。

【駐車場】   あり。   ※ アクセス・・貴飯峠(きばだお)は通らない。 酷道。 自分は通ってしまった。

【道の駅】    きくがわ。

【明日の予定】    記事は里山の風景と滝。 近松門左衛門の墓も。

              ※ 行動は、ある人の墓に。 九州にキリシタン大名の大友宗麟がいた。
                一番下の娘が毛利家に嫁いだ。 その人の墓。
                昨日近くを通った。 誰の墓か調べて分かったので。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6   

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/3741-522da60f

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 修禅寺は狗留孫山の中腹に。 堂宇の横に巨岩。 本堂まで石段を750㍍。 巨木、一本杉。~下関市~ 他 (2020/12/3/木)
  • 2020年12月04日 (金)
  • 07時57分57秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。