FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

芭蕉がいて、各地に俳句の好きな人たちの集まりができた。
菊舎(きくしゃ)はそんな仲間に支えられて、旅ができたのでしょうか。
   ・  ・  ・  ・  ・
女性が一人旅が可能。
江戸時代の治安はそんなにひどくはなかった、ということでしょうか。

建物は普通、四角。 六角や八角は珍しい。
郵便局の2階部分が、六角の塔になっていた。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
上の方が菊舎の生誕地。

s-20年12月6日 (1)  s-20年12月6日 (2)

旧殿居(とのい)郵便局。 自分の立っている右に今の郵便局。
見学したいとお願いしたら、開けてくれる。 

s-20年12月6日 (7)  s-20年12月6日 (6)

正面から。  木が育ち過ぎた。 剪定(せんてい)して軽い雰囲気にしたらいいですね。
大正12年。 局長さんと大工の棟梁が東京へ見学に。

色々見て、このデザインに。
局長さんは、日本が進む未来に夢を見ていたのでしょうか。

s-20年12月6日 (8)  s-20年12月6日 (9)

細かくデザインされていますね。 我が家にこんな部分があったら楽しい。 
函館や長崎のように海が見えたらいい。 のんびりそこでコーヒー。
お酒を飲むなら見える風景もお酒の肴。 ワインがいい。

s-20年12月6日 (10)  s-20年12月6日 (11)

お願いして開けてもらった。  広く事務室。 お客は左。

s-20年12月6日 (12)  s-20年12月6日 (13)

夜、灯りを点けたら美しいでしょうね。 設計図。 宿直の人が、昔はいた。

s-20年12月6日 (14)  s-20年12月6日 (15)

六角の部分の下。 応接室。

s-20年12月6日 (16)  s-20年12月6日 (17)

宿直の人はここで寝る。  ※ 昔は学校にもそんな人がいた。
箱階段で上に。 

s-20年12月6日 (18)  s-20年12月6日 (20)

何に使ったのでしょう。  職員が一休みの時はここでお茶。 お昼はお弁当でしょうか。 飲み会?

s-20年12月6日 (21)  s-20年12月6日 (22)

以前、台風でこの部分が倒れた。 天井裏から棟札が発見。
それで、大正十二年と分かった。 大工の名前も。

s-20年12月6日 (23)  s-20年12月6日 (29)

二階からの風景。 薄いグリーンが落ち着きますね。

s-20年12月6日 (24)  s-20年12月6日 (25)

ここに車が置ける。

s-20年12月6日 (27)  s-20年12月6日 (26)

受付のところに、電報ってあった。 電話もメールもない時代。
  ※ 真夜中の電報や電話は嫌い。 どきっとする。  今は、電報は祝電と弔電だけでしょうか。

s-20年12月6日 (28)  s-20年12月6日 (30)

これが棟札。  天井裏のどこかにはり付けてあった。

s-20年12月6日 (31)

木はバランスの取れる大きさにすればいい。
見学が終わったことを告げて、お礼を言って。

s-20年12月6日 (32)  s-20年12月6日 (33)

少し走って、田上菊舎の生誕地へ。  航空写真で正確な場所は分かっている。
住所は、下関市豊北(ほうほく)町田耕(たすき)。

橋を渡った右に酒蔵。 その向こうの方に。 山の下。

s-20年12月6日 (34)

中央に白く見えている。 

s-20年12月6日 (35)

この後の写真で、昭和初期にも家はこの場所に。 
彼女が育った1760年ころも家の位置は同じでしょうね。  生誕の地。

16才で地元の人に嫁ぐから、ここに棲んだのはそれまでですね。
6年後に夫が死んで、一人で生きていく。 親は引っ越してここには戻っていない。

s-20年12月6日 (36)

「月を笠に着て遊ばゞや旅のそら」
   
   ※ 月を、雨や日差しをしのぐ傘のようにかぶって遊びたいものだ。 この旅で。
   ※ 余談 権力を笠に着ては、笠によって権力から守られるように好き勝手なことを、って感じですね。

菊舎の句には月がよく出てくる。

s-20年12月6日 (37)

俳諧を学び尼に。 力があると名が知られて、旅の途中で呼ばれるのでしょうか。
そうでないと生きていけない。 山頭火もそんな旅。  水飲んでしのいだ時も。

女一人旅は大変だったでしょうね。
薦(こも)一枚のさび、ってある。 こもは敷物ですね。  ※ 右写真は以前の記事から。

s-20年12月6日 (38)  s-20年12月6日 (4)

2万㌔って聞くから、他にも歩いているでしょうか。  大きめの笠。  雨も日差しもこれで。

s-20年12月6日 (3)  ②s-20年12月6日 (5)  ③s-20年12月6日 (39)

首からぶら下げてるのが、左の写真に。  真ん中は、昭和初期。  

s-20年12月6日 (40)  ⑤s-20年12月6日 (41)  ⑥s-20年12月6日 (42)

※ 上の写真はここからお借り。 順に。

 ① 菊舎の里。   ② 山口県の先人たち。   ③ 読むお坊さんの話。   
 ④ 下関街道ガイドブック。   ⑤ 日本の歴史と日本人のルーツ。   ⑥ 菊舎顕彰会

7つ句を紹介。  分かりやすいのを。

   茂る葉の蔭に蛙も歌よむか           ※ カエルはケロケロって。
   何もいはで涼しいふりに別れふか       ※ これが一番好き。  何も言わないで、言えないで。 つらい。

   月に遊び花に事足る庵かな           ※ 楽しみはいっぱいほしくなる。 ・・。
   月もひとつ我もひとりの宿すゞし         ※ 月も一人だったか。

   秋に悲し只一片の峰の雲             ※ 何気ない風景見て感じるようになりたい。 
   夕霧や山ひとつかくしふたつ隠し        ※  朝霧が太陽を隠す。 ソーラーが使えない。

   白雲に香を吐く菊の山路かな          ※ 菊の香りの中、山道を歩いている。

神上寺の記事。 

【駐車場】  旧郵便局は前に数台。(写真のように)。  
       菊舎の生誕地は、短い時間ならそばに。  自分は集落に入る前に置いて歩いた。(これが好きだから)

【その他】  六角堂と八角堂を紹介。

      四国観自在寺八角堂。  西堂寺八角堂。(萩市)  竹村病院六角堂。(旭川市)
      四国大日寺六角堂。  太鼓堂。(須坂市)  極楽山西芳寺本堂。(仙台市) 興福寺南円堂(奈良市)

【麒麟が来る】  信長と光秀の間に亀裂が。 
           尾野真千子の伊呂波太夫(いろはだゆう)、美しかったですね。 雪の中の姿。

           お茶か何かに灯りが映っていました。
           その灯りをスプーンですくって飲めばよかったのに、と思った。

           朝廷(天皇)は、武士でも誰でも公家以外は、虫けらのようにしか思っていません。        
           家康は孫の和子(まさこ)を天皇に嫁がせる策略。 
                           ※ 和子は秀忠と江(ごう)の子。 末娘。 後に、東福門院
           うまくいって後水尾天皇の后に。
           でも上のことがあるから、つらい思いをする。
           そんな時はいつも、自分の念じ仏に語りかけた。

           その念じ仏は哲学の道に近い、彼女の菩提寺光雲寺に残されている。
           これほどに美しい像はあるでしょうか、っていう仏像です。         

【道の駅】    きくがわ

【明日の予定】    どこかに寄って門司に。(住吉神社でシーボルトコギセルを探しましょうか)

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6  

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/3746-d607964e

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 放浪の女流俳人、田上菊舎の生誕地に。 女芭蕉と呼ばれて。 八角塔屋の旧殿居郵便局。~下関市~ 他 (2020/12/6/日)
  • 2020年12月07日 (月)
  • 07時46分26秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。