FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

一人ならきっと、上宮(じょうぐう)まで行って戻った。
地元の方に助けられ、五窟に行けた。
   ・  ・  ・  ・  ・
とりあえず駐車場まで行った。
そこにある案内地図を見て、どうしようか迷っていた。

山に入っている人の車はない。 
そこに地元のご夫妻の方が。
同行をお願いしたら、どうぞってなった。  ※ 撮影は12日。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
紫〇が駐車場。

s-20年12月13日 (1)  s-20年12月13日 (2)

13が上宮で頂上。 一人なら、下の方を廻って戻るのは不安。
多くの修験道遺跡。  求菩提(くぼて)五窟は戻りの道に。

s-20年12月13日 (3)  s-20年12月13日 (4)

駐車場。 白い車の人は下山した人。 赤い車のご夫妻が少し前にやってきた。

s-20年12月13日 (5)

出発。 不安なく行けるのは楽しい。 
2時間くらいのコースのよう。 旦那様は1時間半ほどかなって。

s-20年12月13日 (6)

歩いていて何もないってところはない。 
江戸時代中頃の地図。 一山どこもが修験の場。  地図を拡大するとこう

s-20年12月13日 (7)  s-20年12月13日 (8)

岩屋坊って建物。 

s-20年12月13日 (9)

獅子ノ口って所に。 そこにこれ。 水は出てない。

s-20年12月13日 (12)

ここで手など清めて上に。  一直線になっているものが。

s-20年12月13日 (10)  s-20年12月13日 (11)

古い鳥居と狛犬。 鳥居には元治(げんじ)元年と。 幕末ですね。(1864年)
鳥居の扁額には求菩提山と。

s-20年12月13日 (13)

二人の足取りは軽い。 時々山に登っている。
中宮が見えてきた。 かつては広く、護国寺だった。 今は跡だけ。  神仏混交(こんこう)の時代。

  ※ 求菩提山遺跡から発見されたものは、求菩提資料館に。 ここに来る前見学。(12日の記事に)

s-20年12月13日 (14)  s-20年12月13日 (15)

中宮。  落ち葉が掃かれていますね。
地元の方がしてるって、奥様が。 奥様は歩いていて、時々枝など道からどける。

s-20年12月13日 (16)

中宮の右から鬼の石段。  鬼伝説が残っている。 造ったのは鬼だって。

s-20年12月13日 (17)  s-20年12月13日 (18)

850段ほど。 上には上宮。   自然石を並べて。   段数は数えにくい。

s-20年12月13日 (19)

見えてきました。 上宮。
ここにあったカラス天狗や仏像も、求菩提資料館に。

s-20年12月13日 (20)  s-20年12月13日 (21)

上宮。  お参り。 左に頂上の標柱。 782㍍。  

s-20年12月13日 (22)  s-20年12月13日 (23)

下山。   別の道を。  五窟巡り。 距離は長い。
時々、奥様とお話し。  葉が落ちると、木の隙間から向こうが見えるねって。

s-20年12月13日 (24)

快適な道。  下ったら護摩場跡。  このようにあちこちに案内が。

s-20年12月13日 (25)  s-20年12月13日 (26)

岩だらけの山。  イノシシは少ないそう。

s-20年12月13日 (27)

第一窟。 資料館で見た像。 ここにあったんだ。  千年もの長い間。
どんなお堂があったんでしょう。

s-20年12月13日 (28)  s-20年12月13日 (29)

このように、ずっと左側は崖。 

s-20年12月13日 (30)

普賢(ふげん)の滝。 水は少ない。

s-20年12月13日 (32)  s-20年12月13日 (31)

第二窟。 国宝「銅板法華経」は1572年にここで発見されたと。
       ※ その後は、どこにあったのでしょう。 現在は、九州国立博物館に。 

s-20年12月13日 (33)  s-20年12月13日 (34)

次です。 第三窟。  どうして洞窟や岩陰が修行の場になったのでしょう。
元々、洞窟なら雨や風がしのげますね。 それ以外にも何かが。 滝のように。

s-20年12月13日 (35)  s-20年12月13日 (36)

人が小さく見ますねって会話。

s-20年12月13日 (37)

第四窟。   背夢委に経筒のことが。 書いたお経を入れる。 奉納する。
資料館に展示されていた。  求菩提山の遺跡で発見されたものは、重要文化財が多い。(国宝が1つ)

s-20年12月13日 (38)  s-20年12月13日 (39)

右下に下る脇道。 資料館に行く。  資料館から見た求菩提山

s-20年12月13日 (40)

第五窟。 最後。 

s-20年12月13日 (41)

人々は死んだあと幸せになれるならそれでいい、と考えた時代があった。
神に頼み仏にすがった時代が続いた。
  ※ 今は病気になったら、まず行くのは病院。 神や仏は2番目。 昔は1番。

s-20年12月13日 (43)  s-20年12月13日 (42)

崖を過ぎて登り始めた。

s-20年12月13日 (44)

氷室跡。  中津城下に運ばれたと。 殿さまにも届いたのか。   中津城の記事
説明に、雪を詰め込んあだとある。 氷を作って入れた氷室ではないですね。
食べることはできたのでしょうか。

s-20年12月13日 (45)  s-20年12月13日 (46)

落ち葉で道がはっきりしない。

s-20年12月13日 (47)

禊場(みそぎば)。  ここで体を清めて山に。 後に滝行も。
最初の方の写真に、獅子ノ口ってのが。 あの谷の水はここに。  昔は水が多かった。

s-20年12月13日 (48)  s-20年12月13日 (49)

少し歩いて、元の道に出た。  駐車場はすぐ近く。

s-20年12月13日 (50)  s-20年12月13日 (51)

案内していただいたご夫婦に感謝です。
いい一日になりました。

【駐車場】    あり。  そこまでの最後に部分が細い。  乗用車なら困らない。

【記事紹介】  信仰の山を。  
      英彦山。 黒髪山。 多良岳。 戸隠神社奥社。 白山。 山寺。 太田山神社(日本で最も危険)。
      月山。 羽黒山。 石鎚山。 愛宕山。 志々伎山

【道の駅】    しんよしとみ。

【明日の予定】    記事は、卜占の里、他。    写真は撮ってあります。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6   

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/3753-88449d60

openclose

05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 求菩提山(くぼてさん)修験道遺跡。(その2) 頂上に上宮。 鬼の石段。 五窟巡り。 地元の方と一緒に。~豊前市~ 他 (2020/12/13/日)
  • 2020年12月13日 (日)
  • 22時26分39秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。