FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

道の駅にしめの近くに、ハーブガーデンがあった。
規模が大きそうだったので、のぞいてみた。

何度目かの象潟。
まだ歩いてない散歩道を歩いて、能因島まで行ってきた。  ※ のういんじま。
そこは、芭蕉が象潟に来て、真っ先に行った場所だった。
    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

私は、昨夜いた道の駅は、おおうち と思っていた。 
朝気付いた。 にしめ にいた。 下のハーブガーデンの近く。


ハーブガーデンは、由利本荘市に。  入園無料。
ハーブだけでなく、いろんな花もあった。 もしかして、全部ハーブか?

11年10月10日 (1)

ブドウのハウス。 収穫の後。 残っていたのを食べてしまった。 少しだけ。

11年10月10日 (2)

お金を払ったら、摘むことができる。

11年10月10日 (3)

ラベンダー。  

11年10月10日 (4)

ここも、収穫終わり。  房の大きさは、こんな感じ

11年10月10日 (5)

ブルーベリーの実を摘んでいる。

11年10月10日 (6)

赤い実。 何でしょう。

11年10月10日 (7)

歩いてる男の子が、ジャンボススキと呼んだ。

11年10月10日 (8)

涼しそう。 実はなるし、一石二鳥。

11年10月10日 (9)

ハーブって、葉っぱかなって思ってたけど、そうでもないよう。

11年10月10日 (10)

花のような、葉っぱ。

11年10月10日 (11)

こんな飾り。 広いお店があった。 少し見てお終い。

11年10月10日 (12)

道の駅 象潟。 人気の高い道の駅。 全国のトップクラス。
温泉、広いお店、食べるところ何カ所も、市場のような店。 西施の像がある公園。
近くに、芭蕉が訪れた蚶満寺。 畑に浮かぶ島が点在。 などなど。

11年10月10日 (13)

雨が降り出して来て、どこに行こうか迷った。
そのうちに止んだので、蚶満寺に向かった。  ※ かんまんじ。

適当な道を通った。 線路を渡って。 田んぼの所は、昔は浅い海。
芭蕉が来た後に、地震で隆起して、海が無くなった。
芭蕉が見たのは、松島のような光景。

11年10月10日 (14)

ここは、奥の細道で目指した、最終目的地点。

11年10月10日 (15)

蚶満寺の前を通った。 左奥に西施(せいし)の像が見える。

11年10月10日 (16)

※ 一昨年撮影したもの。

20090921235021244.jpg

この奥に、蚶満寺。 時間があれば、後で。

11年10月10日 (17)

芭蕉が象潟に来て、まず行った、能因島に向かった。 前回は、行ってない。 あるの知らなかった。

八島神社。 蚶満寺を護(まも)るためにあったよう。

11年10月10日 (19)

11年10月10日 (18)

石段を登ったら、右奥に細い道があった。 行って見て、石段を降りたら、蚶満寺だった。
これは、本堂。 参拝料を払わないで入ってしまった。 間違ったんだから、仕方ない。

11年10月10日 (20)

向こうが入り口。

11年10月10日 (21)

大きな葉は、バショウ。

11年10月10日 (22)

戻って、ここは最初の登った石段。

11年10月10日 (23)

あっちこっちに、このように島。 地盤の隆起で、干拓したようになった。
春、水田に水が入ると、本当の島のように見える。

11年10月10日 (24)

※ 空から見たら、こんな風に。 夏のは見つからない。(写真企画さんよりお借り)

案内板で歩いてきたが、なかなか能因島は見つからない。
後で知るが、この写真に写っていた。

11年10月10日 (25)

ここ、やっと着いた。 雨が降って来たので、戻ろうと思った時に、ここと分かった。

11年10月10日 (26)

この島にある人の墓があって、その人を弔いに来ていた。

11年10月10日 (27)

※ 能因法師という歌人がいた。 (Wikipedia)  初めて知った。
※ 浄専寺は、浄土宗の寺のよう。 この名前の寺は、いくつもある。

明治時代に建てた石碑。 左に見える森に、蚶満寺。

11年10月10日 (28)

島の周りは畑。 石垣が見える。 崩れないようにしたのか。
島が無ければ、広い田んぼだ出来る。 でも、島を壊すことはしない。 ※ 一昨年、農家の人に聞いた。

11年10月10日 (29)

戻る途中、橋の欄干にこんなのが。
地震があって隆起したのは、1804年とある。 
芭蕉が来たのは、1689年。 115年後に、隆起。

11年10月10日 (30)

国道を歩いて戻って来た。 蚶満寺の入り口まで来た。 疲れたので、行かない。

11年10月10日 (32)

11年10月10日 (31)

ねむの丘にある、西施像。

11年10月10日 (33)

別の表情があるようにも思うんだが。 こんな絵を参考にして

11年10月10日 (34)

11年10月10日 (35)m

日本海は、いつも荒れている。

11年10月10日 (36)

「象潟や 雨に西施が ねぶの花」

ねぶの花は、きっと、芭蕉が象潟に来て、咲いているのを知った。
そうだったら、上の句は、象潟に来てから、生まれた句。
芭蕉の感性は、すごい。

※ 「五月雨を あつめて早し 最上川」は、最上川に行く前に、だいたい出来ていた。
  「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」も、山寺に行く前から作るのは可能。

たった一つの句で、象潟は、観光地になった。

【関連ブログ】    快晴の鳥海山でした。   他  (2009/09/20)
            象潟や 雨に西施が ねぶの花   他 (2009/09/21)
            「象潟さんぽみち」を歩きました。  蚶満寺 追記   他  (2009/09/22)
            奈曽の白滝 元滝伏流水  芭蕉追記   他  (2009/09/23)
            獅子ヶ鼻湿原 ~鳥海マリモ・奇形ブナ~   他  (2009/09/24)

【道の駅】   象潟

【明日の予定】  釣りキチ三平の、夜鳴き谷へ。  山奥の滝。 楽しみ。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で9位です。            
            
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
          

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/395-13448ae7

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • ハーブワールド秋田  象潟散歩道を歩く ~由利本荘市・にかほ市~  他  (2011/10/10)
  • 2011年10月10日 (月)
  • 21時58分59秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。