FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

七尾市について、何も知らなかったが、かつては能登半島の中心として栄えた時代があった。
歩いていたら、いろんな歴史に出会った。

能登島大橋は、山口県の角島大橋を思い出す橋だった。

ここは、道の駅能登食祭市場。 

10年11月8日 (1)


魚やお土産が売ってて、レストランもある。
地元の人は少ない。 観光客相手で、安くはない。(地元の人の情報)

10年11月8日 (3)

七尾には、青柏祭(せいはくさい)という祭りがある。
曳山が大きいので、でか山と呼ばれる。 3つある。  重要無形民俗文化財。
その祭りの様子の、ミニチュアがあった。

10年11月8日 (2)

昔、ある地域では、神社に人を生贄(いけにえ)として出した。 人身御供(ひとみごくう)と言った。
どこの家から出すかは、白羽の矢が決める。 
※ この言葉は、この風習から。 そうすれば決めた人間がはっきりせず、文句を言われない。
※ 日本で、実際にどのくらいあったかは、はっきりしない。 工事の人柱は、あった。

この祭りの曳山は、この風習と関わりがあった。 伝説としては、出来がいい。
読みにくいが、詳しくは下に。
IMG_9058でんせつpp1  IMG_9058でんせつpp2

一本杉通りを歩くことに。 古い町並み。 御祓川(みそぎがわ)沿いに、そこに向かった。 

10年11月8日 (4)

七尾まだらの碑があった。 何のことだ。 こういうのだった。
古くから伝わる伝統芸能。 舞の感じか。
昔、七尾城があって、畠山氏がいた。 謙信に滅ぼされるまで続く。
畠山文化が栄えた。 そこで培われたもので、でか山を曳く祭りで披露される。  七尾まだら(YouTube)

10年11月8日 (5)

一本杉通り。 期待したほどではないが、古い店が残っていた。

10年11月8日 (6)

高澤ろうそく店。 

10年11月8日 (9)

和ろうそくが売っていた。 飾っておいてもいい。

10年11月8日 (8)

別の店。 加賀友禅とある。

10年11月8日 (7)

花月という和菓子屋さん。

10年11月8日 (10)

少し歩いて、小丸山公園に来た。
七尾城の畠山氏が滅びた後、前田利家がここにきた。
城をここにつくった。 小丸山城。  ※ 七尾城は、遠くはないが、もう少し山の中にあった。 
利家は、短い期間しかこの城にはいなかったが、この人のスタートの地。 出世城。
この城を出て、尾山城(後の金沢城)に行く。 大大名になって行く。

10年11月8日 (12)

七尾の市街地。

10年11月8日 (13)

三更橋(さんこうばし)。
謙信が、七尾城を落とした後、こんな詩を詠んだ。

 霜は軍営に満ちて秋気清し 数行の過雁月三更 
 越山併せ得たり能州の景 さもあらばあれ家郷遠征を憶う

10年11月8日 (11)

利家とまつ の像。 大河ドラマになった時作成。

10年11月8日 (14)

次の場所に。

10年11月8日 (15)

山に向かって歩いている。

10年11月8日 (16)

七尾美術館。 長谷川等伯没後400年とあった。

10年11月8日 (17)

前田利家が、この山の狭い地域に、寺を集めた。 
当時の数は29。 北側からの攻撃に備えたそう。 寺がそういうのに役立つのか。
今は、16ヵ寺。 いくつかだけ見た。

10年11月8日 (18)

この寺は、民家のようだった。 常通寺。

10年11月8日 (19)

きっと少ない檀家でやっている。 大変と思う。

10年11月8日 (20)

平らな場所には、昔、寺があった。

10年11月8日 (21)

ある寺に、こんなのが。 キリシタンのお寺か。
合わせた手を広げたら、十字架が現われる。 秘仏だそう。 寺に貼ってあった写真。

10年11月8日 (22)

のと鉄道七尾線。 ぶつかりそう、ではなく、通り過ぎた。

10年11月8日 (24)

適当な道を歩いた。 古い店があった。 酒屋さん。

10年11月8日 (25)

店の人が描いたのか。 左となりは、猫か、犬か、それとも人か。 顔は、人だな。

10年11月8日 (26)

今日歩いた地図。
黄色からスタート。 オレンジが、一本杉通り。 黄緑が小丸山公園。 
紫が、寺院群。 上の方の赤は、今いる道の駅。

10年11月8日 (27)

食祭市場の港で、タコ釣りの人が。 20分ほど見ていた。

10年11月8日 (28)

イイダコ。 かわいい。

10年11月8日 (29)

能登島に渡ろうとしたら、びっくり。 こんな橋が現われた。 能登島大橋。

10年11月8日 (33)

角島(つのじま)大橋に似ている。

10年11月8日 (32)

船が通る所だけ、高くしている。

10年11月8日 (31)

角島大橋と、設計者は違った。 こっちの方が早く作られている。
角島大橋の設計者は、この橋を知っていたと、思った。

10年11月8日 (34)

この橋を渡ったが、おっかない。 橋の欄干が頼りない。
見た感じは、いい。
安心して渡れるのは、鉄橋のような橋かな。

能登島は、今は七尾市。 昔は、能登島町。 橋ができて、観光地になった。

10年11月8日 (35)

七尾市は、大きな観光地でないから、今日くらいで文句は言えないですね。
普通の町を歩いて、何かを発見するのもいい。
裏道に入って行くのを、もっと多くした方がいいようだ。

冬が近づいて、天気が不安定。

【道の駅】     のとじま


【明日の予定】   雨の予報。 輪島に向かう。 風景を撮りたい。

※ キャンピングカーで放浪の旅」は、こちらです
    8,9月分だけ、タイトル一覧表が出来ています。

【ランキング】  国内旅行は 6位、 旅行全体で13位です。 
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
            

スポンサードリンク

 
 

コメント

七尾

七尾市は僕の住んでいる丸亀市の姉妹都市です。
和倉温泉はいいお湯でした。
輪島から珠洲にかけては奇石の連続です。

能登島大橋

能登島大橋は、角島大橋に似ていますね。波打って、生き生きしています。この辺は全然知りません。松本清張の「ゼロの焦点」の舞台が、能登半島であったような気がします。

Re: 七尾

七尾市にいたとき、輪島から金沢にかけてがいいと言いましたね。
ちゃんと調べてから、行ってみます。


Re: 能登島大橋

能登半島については、輪島の朝市と、氷見の寒ブリくらいしか知りませんでした。
日本中、知らない所がほとんど。
ゼロの焦点、昔読みました。 その舞台に行きますよ。
真似して、多くの人が死んだそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/41-3a92c350

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 七尾を歩く(一本杉通り・山の寺寺院群) 能登島大橋 ~七尾市~   他  (2010/11/8)
  • 2010年11月08日 (月)
  • 23時43分21秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。