fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

通潤橋(つうじゅんきょう)を何度か見ているけど、よく分かっていない。
水はどこから来てどこに行くのか、など。
   ・  ・  ・  ・  ・
2016年に熊本地震があった。
その時、通潤橋が傷んだ。 その時の秋に来た時は、橋に近づけなかった。

2018年5月に豪雨があった。 橋の一部が崩れた。
2020年の春にすべての修理が終わって、見学できるように。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
印に通潤橋。 道の駅のそばに。

s-21年12月9日 (2)  s-21年12月9日 (3)

赤〇に通潤橋。 水を通す橋。  水は印で別の川から取水。
通潤橋を通って緑〇に。  そこは台地。  白糸台地。

台地は青〇の川に囲まれている。  上の方の山から水が引けたら楽。
でも、紫〇の場所が低い。 そこを水を通せないので、橋を作ることに。

右写真は、グーグルアースの写真。 大地っぽく見えますね。

s-21年12月9日 (4)  s-21年12月9日 (1)

白糸地区は台地で川はなかった。
降った雨は台地に浸みこみやすい。 ここは阿蘇山の火山灰でできている。

水が無いと米は出来ない。 江戸時代米が作れないと、税は大変。
米を食べられる幸せだってほしい。

田んぼの無かった白糸台地は、通潤橋を通ってくる水で、棚田がいっぱいに。
写真は上から4つに分けて。

s-21年12月9日 (5)  s-21年12月9日 (6)

一度行ってみたい。 歩くの無理なら自転車。

s-21年12月9日 (7)  s-21年12月9日 (8)

上の駐車場から見た。 下にお店が並ぶ。

s-21年12月9日 (12)

上を人が歩かない。 変だな。

s-21年12月9日 (13)

展望台にまず行ってみる。 黄色の花。  黄色のチョウも見た。 冬のチョウ?

s-21年12月9日 (14)  s-21年12月9日 (15)

下が見えた。  展望台に。

s-21年12月9日 (16)  s-21年12月9日 (17)

誰もいない。 行けないようだ。 水は橋の中を。 橋の両側は高い。 
これ以上橋は大きくできなかった。 

こっち側から向こうに流れる。
こっちから下って橋の中に。 高低差7.5㍍。  向こうで、6.2㍍あがって水槽に。 

1.3㍍向こうが低い。 
橋の中の水が漏れないようにしている。 サイホン式と呼ばれる流し方。  

以前は、人が歩いた。 柵はない。 落ちたら死ぬ。(?)  
今まで誰も落ちていない。 (自殺の名所にもならないで)

  ※ 余談 地震で落ちた阿蘇大橋は自殺の名所だった。 少なくてお60人は飛び降りた。 
       命は助からない。  まてまて地蔵を作ってみたが効果はない。 神も仏も力になれない。
       先日通った新阿蘇大橋の欄干の上には3㍍ほどの高さまで網。 上は内側に曲がって。(刑務所のように)
       自殺できないようにした。       

s-21年12月9日 (18)  s-21年12月9日 (19)

展望台から下りてきた。 今は、橋に水は通してない。 向こうに行って流れ落ちる。
橋への水は、ここから左に。

s-21年12月9日 (20)

ここに水が貯まって、溢れたのが3つの水路(石の管)に。 砂はここで下に沈む。

s-21年12月9日 (21)  s-21年12月9日 (22)

行けない。 以前はここを下って行った。

s-21年12月9日 (23)  s-21年12月9日 (24)

水は向こうに行くと吹き上がって、貯める所に。 小屋は昔は管理人小屋。

s-21年12月9日 (25)

2009年に自分は来ている。 その時の写真。
まだ写真が小さかった時。 大きくしたので不明瞭。

度胸のある人は下をのぞく。 真ん中歩くのが安全。 
一人くらい落ちた人はいるのでないかな。  江戸時代に出来ているんだから。  右は上からの風景。

s-21年12月9日 (10)  s-21年12月9日 (11)

下から撮った写真。 こっちに寄っていますね。 酔っていますね、なら危険。

s-21年12月9日 (9)

少し高い所から。 真ん中に水の吹き出し口。  中に溜まった砂を吐き出す。
11月まで時間を決めて水を出していたよう。

s-21年12月9日 (26)  s-21年12月9日 (28)

このように。  ※ 自分は若い頃一度来たことがある。 お金を出せば、水を出してくれた。
          知らない人と割り勘で。  管理人小屋に管理人さん。

右は、渡れた時の警告。

s-21年12月9日 (30)  s-21年12月9日 (29)

民家を移築。 三連の屋根。 他でも見ます。

s-21年12月9日 (31)  s-21年12月9日 (32)

この場所に来ました。  中心になって造った布田(ふた)保之助。

s-21年12月9日 (33)

石の管の継ぎ目には漆喰を塗った。 熊本地震でずれて隙間が。 水が漏れた。

s-21年12月9日 (34)  s-21年12月9日 (35)

近づいてみる。

s-21年12月9日 (36)

熊本県には全国で一番石橋が多い。  技術が生かされた。

s-21年12月9日 (37)  s-21年12月9日 (39)

下の部分の石垣が沿っている。 熊本城と同じと言われる。

s-21年12月9日 (38)

2018年の豪雨で赤〇の部分が崩れた。 川まで石は転がった。

s-21年12月9日 (40)

2016年の12月に来た時、水路の部分の修復中だった。
その時自分は、何を修復してるか分からなかった。 調べなかった。
     ※ 自分は写真だけ撮って喜んで帰るときがある。 

橋の上が工事中と分かるデコボコが見える。 物がある。

s-20161225075055756.jpg  s-20161225075055756m.jpg

説明が。   重要文化財だから、町の判断だけど手すりとは付けられなかった。
万が一があったら困るから、修復後は歩けないことにした(のかな)。

今はは新しい太い管が設置されて、そこを水が通って白糸台地に。
通潤橋は予備の形で使われている。 今も生きている。

s-21年12月9日 (41)  s-21年12月9日 (42)

人間の力ってすごいなって感じます。

【修復の動画を紹介】    復旧工事中の通潤橋、通水管あらわに 熊本 



【記事紹介】

通潤橋は地震の影響で近づけなかった。 霊台橋は美しい姿のまま、通れた。~山都町・美里町~ 他 (2016/12/24)

美里町で石橋を見る。  霊台橋、二股橋、他。~美里町~  他  (2014/1/21)


東陽石匠館 ~種山石工発祥の地~  明日から、天草探訪。   他  (2010/1/29)


球磨川沿いの道は走れなかった。 石垣の集落と石橋の笠松橋を見て五木に。 大通越からの風景。~八代市他~ 他 (2021/2/5/金)


【道の駅】     不知火(しらぬい)

【明日の予定】   記事は、遊歩道を歩いて滝を見に。 帰り、通潤橋の下へ。 城跡も。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R   車載、FX10

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/4113-5262c0d3

openclose

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 通潤橋は元に。 地震と豪雨で痛んでいた。 なぜ橋を。 水はどこからどこに?~山都町~ 他 (2021/12/9/木)
  • 2021年12月10日 (金)
  • 10時53分16秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


10 | 2022/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。