fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

久しぶりに、島らしい島に。
2つの狭い橋を渡って。
   ・  ・  ・  ・  ・
どうして橋が狭いのか、不思議に思いました。
理由がありそうです。

蔵々(ぞうぞう)って云う地域に。
珍しいな名前。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
西大維橋でまず、野牛島に渡って。 そして、東大維橋へ。

s-21年12月13日 (1)  s-21年12月13日 (2)

2つ目の橋を渡ります。 なぜ狭いか分かりました。

   ※ 広域営農団地農道整備事業で造られました。 道幅は、おおむね5㍍。
     それで制限がありました。 



蔵々(ぞうぞう)漁港。  蔵々地区が島では一番大きな集落です。

s-21年12月13日 (4)  s-21年12月13日 (3)

直ぐ近くに戸馳(とばせ)島。(一度花を見に行っています)  その向こうは九州本土の宇土半島。



港の前の道。 左にオルレ道と。  ※ 明日も山の中でこの名前の道を。 野を越え山を越えって道。
東郷青児の父の出身地と。  彼については最後に紹介。

s-21年12月13日 (5)  s-21年12月13日 (6)

天草四郎の母がこの地の人。 そのため、四郎はここで生まれたとの伝承が残っている。
   ※ Wikipediaでは、どこで生まれたかはっきりしない、となっている。  彼に関する記事は最後に紹介。

最後は原城で皆殺しにされますね。 子供まで。 神の所に行けるって死んでいった。

s-21年12月13日 (7)  s-21年12月13日 (8)

海の仕事は危険。 安全を祈って気持ちを引き締める。  蛯子さまは海に向かって。

s-21年12月13日 (9)  s-21年12月13日 (10)

小路が網目のように。

s-21年12月13日 (11)

抜けたら神社があった。
キリシタンは、自分たちの宗教以外は認めない。 寺社は壊した。

島原の乱が終わって整備した。

s-21年12月13日 (12)  s-21年12月13日 (13)

神社や寺の状態で、地域の経済がどうなっているか見えてきますね。
過疎地の寺や神社は荒れていきます。 ここは大丈夫。

整備された石段を上がってみました。 後ろに本殿。

s-21年12月13日 (14)  s-21年12月13日 (15)

畑で生きていくのは大変。 天草はどこもそうです。
社長さんのいる長島のように、ジャガイモの一大産地になるのは稀なこと。

s-21年12月13日 (16)  s-21年12月13日 (17)

ジョウビタキ。 九州の冬に一番多く見ます。 細い脚。  スイセンは咲く準備。 

s-21年12月13日 (18)  s-21年12月13日 (19)

集落は奥まで。 海は右に。 右写真は突き当りで左を。 
再度来ることがあれば、この道を行ってみます。

s-21年12月13日 (20)  s-21年12月13日 (21)

昔、水道はなかった。 貴重な井戸。  楽しくおしゃべり。 井戸端会議ですね。
女性たちの悩みは消えていく。  それと違って男たちはいつまでも・・・。

s-21年12月13日 (22)

港に戻った。

s-21年12月13日 (23)  s-21年12月13日 (24)

ねこちゃんがいた。
話しかけた後、試しに「お座り」って言ってみた。 出来た。

いいぞ上手だってほめた。 ご褒美は持っていなかった。 ごめんなって。

s-21年12月13日 (25)   s-21年12月13日 (26)

何かある。

s-21年12月13日 (27)

九州オルレと天草四郎。 かも知れない、がいいですね。

s-21年12月13日 (28)  s-21年12月13日 (29)

海上タクシーだって。

s-21年12月13日 (30)  s-21年12月13日 (31)

この後戻りました。 東大維橋。 車が来てないのを確認して入った。 
小さいのならぎりぎりすれ違える。 大きいの来たらどうするんだ。 

s-21年12月13日 (33)  s-21年12月13日 (34)

西大維橋。 もっと狭い。 中間ですれ違える。
橋を出るとき数台の車が待っていてくれた。 クラクションを鳴らしてお礼。

島の人たちは橋を通して心の触れ合い。 狭いことの中にいいことも。

s-21年12月13日 (35)

歩いて楽しい、いい天気が続きます。

【記事紹介】

柳川は水の都、宙太さんと掘割沿いを散歩。 生誕120年、東郷青児展。(久留米市美術館)~柳川市他~ 他 (2017/12/6)

白壁の町松合  みすみフラワーアイランド  海のピラミッド   他  (2010/1/30) ※ この記事に戸馳島が。

島原の乱、最後の激戦地、原城。  ホネカミ地蔵。~南島原市~  エアコン、他が・・。  他  (2013/2/10)

天草キリシタン館。  祇園橋付近、川は血に染まった。~天草市~ The Wedding の日本語訳  他  (2013/2/9)

「戦うしか生きる道はない」と・・~天草切支丹館~  激戦の跡と祇園橋   他  (2010/2/4)


【道の駅】     上天草

【明日の予定】    上島のある山に。 長島の社長さんと。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R   車載、FX10

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、4位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.

スポンサードリンク

 
 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/4117-593bcd19

openclose

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 維和島へは橋を2つ渡って。 蔵々地区を歩く。 天草四郎の母の故郷。 十九社宮。~上天草市~ 他 (2021/12/13/月)
  • 2021年12月14日 (火)
  • 07時15分40秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。