fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

北野天満宮の梅は咲いていました。
しばらくの間楽しめる。 そんな状態。
   ・  ・  ・  ・  ・
ロシアはプーチンの意思で政治が動く。
背く人間を探し出す、秘密組織を持っているよう。

知らないうちに消えていく人間がいるのは珍しくない。
ある面、北朝鮮に似ている。  中国もかな。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
京都駅から向かうなら、バスが便利。  自分は平野神社から向かった。 (撮影は4日)

s-22年3月5日 (1)  s-22年3月5日 (2)

北側の門から入った。 裏っぽい。

s-22年3月5日 (3)

柔らかな緑もいい。

s-22年3月5日 (4)

名前の標示はない。  裏の方なので人は少ない。

s-22年3月5日 (6)  s-22年3月5日 (7)

本殿の真後ろ。  咲いている。 

s-22年3月5日 (8)  s-22年3月5日 (9)

桜のように、木全体が花に包まれることはない。 比べたら質素。

s-22年3月5日 (10)  s-22年3月5日 (11)

その代わり、散る心配はしない。 次から次と咲いて。

s-22年3月5日 (12)

左に本殿。  赤い花も。

s-22年3月5日 (13)  s-22年3月5日 (14)

本殿の屋根。 菅原道真の怨霊を鎮めるために建てた。

s-22年3月5日 (15)

これはロウバイ。 そろそろ終わり。

s-22年3月5日 (16)  s-22年3月5日 (17)

多くの人がお参り。  自分はいつも遠くから手を合わせる。 心に中で。 (忘れることが少なくない)

s-22年3月5日 (18)

後に建物があったら、一緒に撮るのが好き。  もう少しでいっぱいの花になりますね。

s-22年3月5日 (19)  s-22年3月5日 (20)

境内にある別の神社。 通り抜けれない。 見学したら戻る。 (以前は違った)

s-22年3月5日 (21)  s-22年3月5日 (22)

いい感じ。

s-22年3月5日 (23)  s-22年3月5日 (24)

戻っている。 東側に。  釣り灯籠。

s-22年3月5日 (25)  s-22年3月5日 (26)

梅の木はサクラと比べて、曲がりくねっている。 
木の肌は、桜はツルツル。 梅がゴツゴツ。

s-22年3月5日 (27)

梅の花を見て春を感じて。 今年もまた見られたって、お年寄りの中には・・。

s-22年3月5日 (28)  s-22年3月5日 (29)

紅白の梅。  紅白という言葉は、梅から来たのかな?

  ※ いろいろ説があって、一般的には源平の戦い。
    源氏は白。 平氏は紅。    人が生まれたら赤ちゃん。 あの世に行くときは、白装束。

s-22年3月5日 (30)

生け花のよう。 

s-22年3月5日 (31)

そういえば、今日は3月5日。 啓蟄(けいちつ)です。
カエルや虫たちが、そろそろ穴から出るかなって・・。
人も、さあ動き始めるかって、元気を出す。

【ウクライナ関係】

ロシアの侵攻は「ヒトラーのよう」、ウクライナ難民を迎え入れる独・ベルリンの人々

   ※ 日本人も同じようなことが出来るでしょうか。
     人間としてどう生きるのか。 それを考えている人たちですね。

   ※ ドイツの人を悪く言うつもりはいないけど、下のことを。
     ドイツの人はユダヤへ人への殺戮はヒトラーがやったことと考えているのかな。
     ドイツとしての国ではなく。 
     ウクライナ人を殺したのはプーチンで、ロシアではない。 
     将来そうなったら似てくる。



ウクライナの戦況と“核使用”シナリオ【豊島晋作のテレ東ワールドポリティクス】(2022年3月4日)

    ※ ロシアが使うかもしれない核というのは、IT関係の機器を壊すことが出来るよう。
      別の使ったのではと疑われている爆弾は、人の内臓を壊す。 そんな新型。

  分かりやすい解説です。 



【道の駅】    京都新光悦村 (南丹市園部)

【明日の記事】    北野天満宮の梅、その2.

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  XF14mmF2.8 車載、FX10   山に行くときはX70.

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 
.  

スポンサードリンク

 
 

コメント

こんにちは。

北野天満宮の梅、良く咲いてますね。
まだまだ、楽しめそうです。
昨年は、我が家も平野神社から、北野天満宮裏から入りました~~
なんか違った感じですよね。

梅、楽しませて頂きました。
ありがとうございます。

Re: タイトルなし

平野神社の桜が咲きだしたら、北野天満宮の梅は終わりに近づきます。
北野天満宮を先に見ると、裏から出て、平野神社の表から入りますね。
10日頃から気温が一気に上がりそう。 いい状態にきっと・・。

梅の花や桜の花の下で騒げるのは、いつになったらできるでしょう。
コロナがあってウクライナがあって、世界は大変ですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/4199-a3dabfb3

openclose

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 北野天満宮の梅は、見ごろになってきた。(その1) 社殿と引き立て合って。 多くの人が。~京都市~ 避難民。 (2022/3/5/土)
  • 2022年03月05日 (土)
  • 22時23分12秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。