fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

昨日の続き。 
美生川沿いに。
   ・  ・  ・  ・  ・
石橋を見たいから行く。
でも、他に何に出会えるかが楽しみ。

今回はなかなか良かった。
タヌキとか。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・  
下の地図の印に向かって歩く。 そこに美生(びしょう)橋。 川は美生川。  昨日の続き。

s-22年12月20日 (1)  s-22年12月20日 (2)

神社の所から。 下りた右に、小さな庭と畑。

s-22年12月20日 (3)

このように。  都会ではこんな雰囲気はつくれない。

s-22年12月20日 (4)  s-22年12月20日 (5)

石垣の道。  左に畑と家。 そっちにも道。 帰りに。

s-22年12月20日 (6)

途中で上を見た。 生姜の畑。 収穫終わって。 収穫までは右のように。

s-22年12月20日 (7)  s-ttt2223_202212202051169e6.jpg

川のそばに何かある。 神にささげているのか。 神は何だ。 川かな。
お地蔵様とかない。  まさか小鳥のエサではない。

   ※ 皿に八代妙見宮と。 みょうけんぐう。  調べてみました。
     八代神社は元々は、妙見宮が本当の名前。 今は、妙見宮は別名。(明治に入って)

     鎌倉時代まで、上宮・中宮があった。
     大河に出ていた後鳥羽天皇の命(勅願)で1186年に下宮が出来た。
     その下宮が今の八代神社。 この神社の祭りは九州三大祭りだそう。   八代妙見祭(YouTube)

きっと美生川に感謝。 素敵な名前でもあります。

s-22年12月20日 (8)  s-22年12月20日 (9)

少し行くと、見えた。 美生(びしょう)橋。  橋を渡るのがメインの道。

s-22年12月20日 (10)  s-22年12月20日 (11)

反対側から。  大正6年ころに。  今の橋を下から支えている、 上を舗装にしただけか。

s-22年12月20日 (15)  s-22年12月20日 (13)

橋を行くと、この先20戸くらいの家が。 どこまでも行くと、昨日の記事の大通峠につながる。

s-22年12月20日 (14)

橋を渡らなければこの道。 少し先でお終い。

s-22年12月20日 (16)

橋のそばに、なんだこれは。 まるまっている。 

s-22年12月20日 (17)

呼んだら顔が出てきた。 タヌキだ。  

  ※ 入り口が右。 他から持ってきたのでしょうか。
    肉は臭くて美味しくないよう。 農作物を荒らすので狙われたか。 タヌキはため糞をします。(以前の記事から)

    箱罠でタヌキ捕獲の瞬間(YouTube 2分過ぎから。 その瞬間は4分過ぎ。

s-22年12月20日 (18)  s-22年12月20日 (19)

橋の上から。 畑の中の道を戻ります。

s-22年12月20日 (12)  s-22年12月20日 (20)

キセキレイがいました。  これは川が好き。 飛んでる虫も川に浮いてる虫も捕ります。 このように(YouTube)

s-22年12月20日 (21)

来た道を戻ります。

s-22年12月20日 (22)

神社の前。 苦労して土地を広げた。 石積みは、先祖の汗の結晶ですね。

s-22年12月20日 (23)  s-22年12月20日 (24)

昨日紹介した、蓼原(たでわら)橋。

s-22年12月20日 (25)

下の集落に下りた。  山口さんのお家への橋なので、山口橋だそう。

s-22年12月20日 (26)  s-22年12月20日 (27)

家にトラックがあった。 それも通る。 薄く横幅がある感じ。 これでも大丈夫。 感心します。
遠くに橋が見えます。

s-22年12月20日 (28)  s-22年12月20日 (29)

鶴下村中橋。 つるしもむらなか橋。  ここの地名は鶴下(つるしも)。 

s-22年12月20日 (30)

この道はずっと続く。 2㌔程行ったところに、旧内の木場分校。 後ほど知ります。 明日の記事で。
小浦地区につながります。

s-22年12月20日 (31)  s-22年12月20日 (32)

こっちに来て、橋の方向を。

s-22年12月20日 (33)  s-22年12月20日 (34)

橋の上から。 さっき見た山口橋。 大きな建物。
昭和30年まで、ここは河俣村として単独の自治体でした。 栄えた時代がありました。 1クラス40名。

s-22年12月20日 (35)

県道25に出ます。

s-22年12月20日 (36)  s-22年12月20日 (37)

昨日の記事で紹介した、谷川橋。 渡った所に、河俣阿蘇神社。  河俣川。 

s-22年12月20日 (38)  s-22年12月20日 (39)

色んなものに出会えて楽しい。

【明日の記事】   小浦地区へ石橋を見に。 あばあちゃんに会う。

【歌のたび】  吉田拓郎(その4 最後)     

   永遠の嘘をついてくれ 生放送ver    中島みゆきも、どこかで区切りでしょうか。



※ 明日から数回、サラ・ヒックス (Sarah Hicks) 指揮による曲を。
   この女性は、東京生まれの日系アメリカ人。

【停泊場所】    道の駅 樋脇(ひわき) (薩摩川内市)

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  XF14mmF2.8  ゴープロ。 車載、FX10  他 .

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、5位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
..

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/4486-ee5faf94

openclose

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 河俣地区の石橋。(その2) 美生橋。 箱罠にタヌキ、寝ていた。 下流に、山口橋と鶴下村中橋。~八代市東陽町~ 他 (2022/12/20/火)
  • 2022年12月20日 (火)
  • 22時00分18秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。