fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

人間が造ろうとしても難しい。
そんな、ロウソク岩のようなのがあった。
   ・  ・  ・  ・  ・
下が細くくびれ、今にも倒れそう。
補強がしてあった。 それでも不安。

地震が来たら、すぐに逃げる心の準備。
どうしてできたののか不思議。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・  
全体で冠(かんむり)岳。

s-23年1月13日 (1)  s-23年1月13日 (2)

真ん中辺りにいて、車で右に。

s-23年1月13日 (4)

材木岳から下る。  鎖につかまる急な斜面が続いた。

s-23年1月13日 (8)  s-23年1月13日 (9)

正規の道なのか分からない。

s-23年1月13日 (10)

写真に撮った地図が分かりにくい。 一旦下って上への道。  巨石の中に迷い込んだ。

s-23年1月13日 (11)  s-23年1月13日 (12)

材木岳から来る正規の道なのか。
上を見たら道っぽい。 材木岩の洞窟の辺りか。 分からない。

s-23年1月13日 (13)  s-23年1月13日 (14)

上の斜面に穴がある。

s-23年1月13日 (15)

車道に戻った。  笠石を探す。  右写真にトイレ。 パーキング。

s-23年1月13日 (16)  s-23年1月13日 (17)

案内だ。 左に折り返すように上がっていく。

s-23年1月13日 (18)  s-23年1月13日 (19)

途中に不思議な道の案内。 古い道の案内か。 左右に道はないのに。

s-23年1月13日 (20)

見えた、下の方。

s-23年1月13日 (21)

傘石。 

s-23年1月13日 (22)

反対から見た。 これは大変だ。  自然に風化して、バランスよくこうなるものでしょうか。
風化が続けば、いつかは倒れるでしょうね。

  ※ 想像ですけど、下のように。

    例えば今は、岩の重心が右にあるとしましょうか。
    根元の方の右側は重さで固くなる。 そうしたら、反対側が風化しやすくなる。
    傾いた反対側が風化しやすく。 それを繰り返して、だんだん細く。
    どうして下が細くなるのかは、下の方は水が流れるから。 雨の時。 下の方の岩が湿って。
           (海にあるロウソク岩は、下の方は波に削られる。 このように、s-gggfgtroi9877.jpg (北海道余市えびす岩)

  ※ ちょっとした実験。 上の証明になるかは分からないが。

    紙皿を3本の指で下から支えます。 指をそれなりに広げて。
    そうして、3本の指を中央にゆっくり近づけます。 
    重心のかかってない指が、紙皿の下を滑るのを繰り返して。
    中央で指は3本くっ付きます。 紙皿は落ちません。

s-23年1月13日 (23)

小さな石の棒でも補強。  一度倒れたら元には戻せないですね。
横を通るとき、立ち止まらなかった。 地震が来たら逃げる心の準備。

s-23年1月13日 (24)

※ 記事で見つけれたのを4つ紹介。

下は、左の岩との間に隙間。 偶然に岩が乗った。  遠野市。 記事

s-23年1月13日 (3)

落ちそうで落ちない。 諫早市、多良岳。 記事。  誰かが木の棒をつっかえ棒にして。

s-23年1月13日 (7)

山鹿市不動岩。 岩の上に人。 柵はない。 自分も行った。 こういう所苦手。 記事

s-23年1月13日 (5)

下北半島、仏ヶ浦。 墓標のように。  ※ 試しに下の標示。

  仏ヶ浦は、奇岩怪石が続く、人の世ならぬ処。  北限のニホンザル。~佐井村・むつ市~  他  (2012/10/8)

s-23年1月13日 (6)

車道に下りた。 川に水はない。  徐福像に戻る。

s-23年1月13日 (25)  s-23年1月13日 (26)

ここは9番札所でした。  

  四国八十八ヶ所霊場、第9番札所法輪寺。 足腰のお願い。 第8番札所熊谷寺。 蜂須賀桜が終わりを迎え。~阿波市~ 他 (2019/3/19)

経塚かなって。

s-23年1月13日 (27)  s-23年1月13日 (28)

左に西岳。

s-23年1月13日 (29)

徐福像について、駐車場で食事。 社長さんが準備。 コーヒー付き。

s-23年1月13日 (30)  s-23年1月13日 (31)

食事の後、私の車で西岳の麓に、社長さんの車を取りに。
下の動画で、3か所お堂を通る。 2つ紹介。 最初と最後。

 18番札所、恩山寺。  玉依御前ゆかりの寺。  義経が通った道。~小松島市~  他  (2014/4/12)



冠岳神社。 明治以前は、霊山寺があった。 広く。 今は墓石が残っているだけ。 左の方に。

s-23年1月13日 (32)

仙人岩の登山口を探している。 地図にない。   右に、45番。 岩屋寺は恐ろしい。

 岩屋寺の行場跡、逼割禅定  ヨサコイに登場する坊さん、純信の最後   他  (2011/5/24)

s-23年1月13日 (34)  s-23年1月13日 (33)

ここは後で。

s-23年1月13日 (35)

飛天が。  こんなのをある寺で最近。   案内がないかなって。

s-23年1月13日 (36)  s-23年1月13日 (37)

200㍍ほど山道に入ったが、戻った。

s-23年1月13日 (38)  s-23年1月13日 (39)

続きは明日です。  最後に温泉に入って。

【明日の記事】  冠嶽。 (4/4)

【歌のたび】    You raise me up with Secret Garden

    ※ この曲は、演奏するシークレット・ガーデンの曲と言われます。
      下の映像では、ピアノとバイオリンの人。  ピアノの人が作曲。

    ※ 詳しくは下の感じ。  このサイトでよく分かります。 そこからお借り。
    
      「ユー・レイズ・ミー・アップ」は、2002年にシークレット・ガーデン(Secret Garden)が
      発表したものです。
      シークレット・ガーデンは、ノルウェー出身のロルフ・レヴラン(Rolf Løvland, 1955–)さんと、
      アイルランド出身のフィオヌアラ・シェリー(Fionnuala Sherry, 1962–)さんの、デュオ・グルーブです。

      「ユー・レイズ・ミー・アップ」は、ロルフ・レヴランさんが、アイルランドのことを念頭に置きながら
      作曲したものです。「ダニー・ボーイ」のメロディーとの近親性を、きっと感じ取っていただけると思います。

      レヴランさんは、アイルランドの小説家で作詞家のブレンダン・グレイアム(Brendan Graham, 1945–)さんに
      作詞を依頼、そうしてできあがったのが、「ユー・レイズ・ミー・アップ」(You Raise Me Up)です。

    ※ 歌っている男の人は分かっています。 
       エスペン・グロタイム( Espen Grjotheim)  ノルウェーの歌手。

    ※ ダニー・ボーイとの近似性を言っています。 これを聴くとなるほどと思います



   ※ 明日は、カバーしてる代表の、セルティック・ウーマンで。 東福寺で録音。

【停泊場所】   道の駅たるみず。 桜島の噴煙を気にしながら。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-S10 XF 18-135mm f 3.5-5.6R  XF14mmF2.8  ゴープロ。 車載、FX10  他 .

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、5位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.. 

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/4510-2f97f1ad

openclose

01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 冠岳に登る。(その3) 笠石は今にも倒れそう。 石の柱で支えて。 冠岳花川砂防公園で仙人岩を・・。~いちき串木野市~ 他 (2023/1/13/金)
  • 2023年01月14日 (土)
  • 08時45分53秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。