fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

天気がパッとしなくなってきた。
傘さして歩くの覚悟。
   ・  ・  ・  ・  ・
岳(たけ)の棚田は2回目。
奥まで歩けば1時間はかかる。

集落の様子も見れる。
そんなところも好き。
    ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

標高差250㍍は、ちょっとしたミニ登山。

s-23年12月14日 (1)  s-23年12月14日 (2)

傘を持って出発。 寒くはない。  下方面にも見える。

s-23年12月14日 (3)  s-23年12月14日 (4)

家の周囲も石垣。 

s-23年12月14日 (5)  s-23年12月14日 (6)

大きく育ってる、ツワブキ。   石垣の集落。

s-23年12月14日 (7)  s-23年12月14日 (8)

美しい。

s-23年12月14日 (9)

右向こうに、大きな石。  田んぼの形や大きさは、石に影響されている。

s-23年12月14日 (10)

少し先に案内。  狭い駐車場。  ※ 集落が途切れたら道は広く。 停められる。
大きな石のことが。

s-23年12月14日 (11)  s-23年12月14日 (12)

今いるところは下岳集落。   棚田百選。

s-23年12月14日 (13)  s-23年12月14日 (14)

見所。 ①は最後に。

s-23年12月14日 (15)

斜面のままでは田んぼは作れない。 土の中は石だらけ。
その石を積んで棚田。 一石二鳥(?)

s-23年12月14日 (16)  s-23年12月14日 (17)

上に雲仙への道。 中央右に展望台。  向こうから見たらこう。(以前の記事から)

s-23年12月14日 (18)  s-23年12月14日 (19)

上岳に向かう。 谷が深く狭い。 下に田んぼはある。

s-23年12月14日 (20)  s-23年12月14日 (21)

家が見えた。 前回来たとき、ここの人と話した。 人は見えなかった。
石垣の塀。  ここは風の通り道と、聞いていた。

s-23年12月14日 (22)  s-23年12月14日 (23)

バス停。 マイクロバスの大きさ。 バス停でなくても乗せてくれる。 お年寄り助かる。

s-23年12月14日 (24)

川の合流点に。 空が広くなった。  まっすぐ行って、左の道を戻ってくる。  スマホの地図は便利。

s-23年12月14日 (25)

棚田はまだ、広くある。

s-23年12月14日 (26)

神社があった。  水分(みくまり)神社。  田の水を守ってくれる神。

s-23年12月14日 (27)  s-23年12月14日 (28)

最後の集落。  川の源流点は遠くない。 

s-23年12月14日 (29)

戻る。 神社で右に行く。

s-23年12月14日 (30)

これは何でしょう。 

s-23年12月14日 (31)

果物の木でしょうか。  振り返って。

s-23年12月14日 (32)  s-23年12月14日 (33)

下岳に戻って来た。 昔分校があった。 場所は分からない。 
子どもたちは、坂道を転がるように向かった。 今その歓声は聞こえない。

s-23年12月14日 (34)  s-23年12月14日 (35)

小鳥がいた。 やっと撮れた。

s-23年12月14日 (36)

後ろ姿はスズメっぽけど、ホオジロです。  飛んだ瞬間、羽閉じた。

  ※ ほおが赤いとホオアカ。(日光戦場ヶ原)   ミヤマホオジロは美しい。(宇佐市) 記事

s-23年12月14日 (37)  s-23年12月14日 (38)

石橋です。 補強している。 

s-23年12月14日 (39)

戻って、車を移動。  キリシタンの遺跡が。 この形はキリシタンの像の特徴のようです。 ネットでよく見ます。
詳しい説明が知りたい。  いつか調べて見ます。

s-23年12月14日 (40)  s-23年12月14日 (41)

直ぐ近くにこの案内。 女人堂ですから行かねば。  古い時代の道のよう。

s-23年12月14日 (42)  s-23年12月14日 (43)

向こうから来ました。  左に行けば、集落への近道か。  右は、分からない。 中央下に仏像(?)

s-23年12月14日 (44)  s-23年12月14日 (46)

説明にあったのはこれ。  中央に、アの梵字(ぼんじ)。 アは大日如来を。 仏様の一番上。
下に、道音・妙園とあります。 意味は分からない。

女性の顔に見えてくる。 これ以上いけなかった。  女人禁制。  ここでお経を唱えた。 合唱のように。

s-23年12月14日 (45)  s-23年12月14日 (47)

昔の雲仙への道は、集落の中を通っていたと想像します。
雨は数分だけ、パラパラと。

 白い噴気の、雲仙地獄。  小浜ちゃんぽんと温泉。~雲仙市~  他  (2013/3/4)


【停泊場所】     口之津港近くのパーキング。

【明日の予定】     天草に渡ります。  街中見学のための駐車場を探します。
              港にありそう。  明日の天気は雨模様。  あさっては雨。
              日曜日から気温が下がります。 やっと、九州にも冬が来ます。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム X-S10     タムロン 18~300

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。 
               2021年夏のを1枚プラス。 美瑛川上流で釣り。s-ppolkio8999.jpg

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.
 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/4816-a43c2de9

openclose

02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 岳(たけ)の棚田は千々石(ちぢわ)川上流に。 奥まで歩いてみた。 標高差250㍍。 女人堂跡。~雲仙市~ 他 (2023/12/14)
  • 2023年12月15日 (金)
  • 09時21分46秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。