FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

堀川運河には、堀川橋があった。 石橋。 この魅力が、とにかく大きい。
この運河によって、油津は発展した。
また、堀川橋では、寅さんの「男はつらいよ青春篇」が、撮影されていた。
新しいデザインの、屋根付き橋もあった。

屋根付き橋の関係で、今日の歌は、マディソン郡の恋 他です。
    ※    ※    ※    ※

かつおめしを、道の駅で食べた。 お茶漬けのよう。 だし汁をかけて食べる。
1日限定30食。 500円。 おいしい。 ピリッと、ワサビの味。

12年3月20日 (1)

飫肥を流れる酒谷川は、油津の港の少し北に出る。 
油津の港は、湾になっていて、飫肥杉はここに集められた。


堀川資料館に、車を停めた。
下の地図の、堀川全体を、だいたい見た。

12年3月20日 (2)

堀川橋。 美しい石橋。 明治36年に完成。 飫肥の石工、石井文吉が作った。
それまでは、木の橋だった。
橋の向こうに、油津の港はある。 飫肥杉は、ここを通って、向こうに。

12年3月20日 (11)

反対側。 酒谷川の河口の近くから、運河は来ている。 
飫肥杉は、海に出る前に、運河を通って、油津の港に。 
※ 海に出してしまうと大変。 波が荒い時もある。

12年3月20日 (12)

野口雨情の歌碑。 筏は、いかだ と読むんですね。 
堀川橋の手すりは、見て暮らすとある。 分かりにくいと言えばいいのか、奥が深いと言っていいのか。
※ 分かりやすくて、奥が深いのが一番いい。 

12年3月20日 (3)

地図のずっと上の方に来た。 屋根付き橋が見える。

12年3月20日 (4)

見える橋の向こうが、石橋の堀川橋。

12年3月20日 (5)

夢見橋。 飫肥杉で作られている。 ある部材に、子供たちの願いが書かれている。

12年3月20日 (6)

正面から。 飫肥杉は船の材料にも使われる。 その技術も生かされている。

12年3月20日 (7)

橋付き橋には、遊び心がある。 通ってみたくなる橋、通って楽しい橋でしょうか。
※ 田丸橋(内子町)  神幸橋(みゆきばし・檮原町)  御幸の橋(みゆきのはし・大洲市)  きこころ橋(山形県金山町
   こんな可愛いのもある。 豊年橋(大洲市)    まだ他に、いくつかありました。

チョロ船。

12年3月20日 (8)

こんな船。 昭和の中頃まで使われたという。 ※ 日南商工会議所のHPからお借り。

12年3月20日 (41)

堀川資料館に戻って、中をゆっくり見学。
昔の、堀川運河。 
※ 左の写真の撮影者は、岩切正廣氏。

12年3月20日 (9)   12年3月20日 (10)

寅次郎の青春のロケ地になったとあった。  マドンナは、風吹ジュン。 後藤久美子も出てる。

12年3月20日 (15)

堀川橋の上で。  右は、飫肥城で。

12年3月20日 (13)   12年3月20日 (14)

これも良かったな~。 ※ 中国のYouTubeのようなので、以前、寅さんの映画は見られたが、今は削除されてる。

12年3月20日 (16)

見える神社は、吾平津(あいらつ)神社。

12年3月20日 (23)

吾平津姫(あいらつひめ)の像がある。

12年3月20日 (19)

堀川運河は、飫肥藩主が、1685年に掘ったとある。

12年3月20日 (17)

いい像ですね。  ※ 今年に入って、像には、文句ばかりだった。

12年3月20日 (20)

アイラツヒメは、神武天皇と結婚したとある。  ※ 神武天皇が美々津から出た場所は、ここ

12年3月20日 (18)

堀川橋は、今も現役。 石橋の魅力は、これだから大きい。 美しいだけでない。

12年3月20日 (21)

運河に下りる石段が、所々にある。

12年3月20日 (22)

運河沿いは、ずっと遊歩道に。

12年3月20日 (24) 

倉敷柳川もそうだが、街に運河があると、魅力は変わる。 夏には、涼しさをくれるし。

12年3月20日 (25)

人柱様の碑。 人柱にする人間を探すが、自分になるように仕組んだ。 面白い話。

12年3月20日 (26)   12年3月20日 (27)

鯨の供養碑。 一頭のクジラは、村全体の人達の胃袋を満たした。

12年3月20日 (28)   12年3月20日 (29)

今の、油津港。

12年3月20日 (30)   12年3月20日 (31)

撮影隊がやってきた。

12年3月20日 (32)

この人は誰だったろう。 名前は出てこない。 食事しに、お店に入った。

12年3月20日 (33)

小さな公園にお地蔵さん。 
  ※ 遊んでいた小学生の高学年の女の子が、私に時間を聞きに来た。 久しぶりに、子供とお話し。
右の像は、きびしい表情。 彫ってる本人の顔がこうだったかも。 悩みは、何でしょう。

12年3月20日 (34)   12年3月20日 (35)

杉村金物本店。 昭和7年の建物。 壁は、銅板。 今も現役の建物。

12年3月20日 (36)

赤レンガの建物が、いくつかあった。 
左は、大正11年に建てられた倉庫。 今は、油津赤レンガ館。 入っていいのかどうか、すぐに分からなかった。 
この時は、入らない。 

12年3月20日 (37)

赤レンガ館の裏。 古い建物。 左は、旧河野家。

12年3月20日 (38)

前から見る。 大正時代の建物のよう。

12年3月20日 (39)

赤レンガ館に入れると分かって、入った。 展示に使われていた。
飫肥杉の薄い材料での、灯り。

12年3月20日 (40)

運河と石橋が、よかったですね。
また、屋根付き橋の夢見橋も、魅力的でした。

このように、古いものの復元だけでなく、平成の新しい物があってもいいですね。
平成の魅力と言っていいでしょうか。 新しい感覚で、優れたデザインで作る。
こういう取り組みをしないと、後の時代から見て、平成が見えなくなる。

【動画】



【今日の歌】
マディソン郡の恋。 秋元順子が歌っている。 デビュー曲。
映画「マディソン郡の橋」をモチーフにした曲。
 ※ 著作権の関係が厳しいので、本人歌唱のを見つけるのは大変。



たった4日間の恋に永遠を見いだした、中年の男女の愛を描いた、大人のラヴストーリー。(ある映画解説から)



秋元順子のヒット曲。



【その他】  今日20日、日本最古の木造校舎の吹屋小学校が、閉校になりました。
        ※ 関連ブログ 鯉が窪湿原  吹屋ふるさと村 ~岡山県、新見市・高梁市~   他  (2010/5/13)

【停泊場所】  鵜戸神宮の近くの海岸の駐車場

【明日の予定】  鵜戸神宮

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で9位です。            
         クリックするバナーは、左の下にあります。 よろしく。

            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/562-55078390

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 堀川運河によって飫肥(おび)杉で栄えた、油津 ~日南市~  マディソン郡の恋・マディソン郡の橋  他  (2012/3/20)
  • 2012年03月20日 (火)
  • 21時46分37秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。