FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

もし、鞍馬山に義経がいなかったら、貴船に和泉式部がいなかったら、
両方とも魅力は小さなものでしょうね。

久しぶりに、山道を歩いた。 距離は、6.5㌔。

鞍馬は、京都駅から遠い。 
先日のブログに書いたが、加茂川と高野川の合流地点に、叡山電鉄出町柳駅がある。
ここまで、市バスで行って、鞍馬駅まで電車に乗る。
電車は混んでた。 

駅を下りたら、鞍馬寺仁王門が見えた。 ここの道は、鞍馬街道。 この時、12時。
通りは、門前町の風情。

10年11月25日 (1)

鞍馬駅で降りて、貴船口駅から乗る。 結構歩く。


20分ほど歩いたら、由岐(ゆき)神社に着いた。 ※ 豊臣秀頼が関わってる。
右向こうに、小さな建物があるが、川上地蔵堂。 義経が修行の時、お参りしたとあった。
道を挟んだ向かいに、義経の供養塔があった。 新しい。

10年11月25日 (2)

道は何回も折れて、登って行く。 九十九折りの道。  ※ つづらおり。
清少納言が枕草子で、こう書いた。

「近うて遠きもの・・・くらまの九十九折りといふ道」

10年11月25日 (3)

義経は、7歳から10年間、この山で修行する。 文武両方。
初め遮那王、その後、牛若丸。

10年11月25日 (4)

やっと歩ける人も、来る。

10年11月25日 (5)

鞍馬寺の本殿金堂。

10年11月25日 (6)

金堂前にあったのは、狛犬(こまいぬ)でなく、虎だった。 
名前は、阿吽(あうん)の虎。 これは、口を閉じてるから、吽の虎。

10年11月25日 (7)

少し行った所に、与謝野晶子の書斎「冬柏亭」があった。 東京から移築したもの。
※ ここの寺の初代管長は、与謝野晶子の直弟子。 夫婦で、ここによく来たという。

歌碑があったが、よく分からなかった。 ※ 魅力を感じたら調べるんだが・・・。

10年11月25日 (8)

義経公 息継ぎの水。 修行の場はもっと奥。 牛若丸は、途中、ここで水を飲んだとあった。

10年11月25日 (9)

背比べ石。 中央右。 1㍍程の高さの石。 

10年11月25日 (10)

背比べしたのは、平泉の秀衝を頼って出発する前とあった。

IMG_1859pppkppk

ここで、石の高さが低いとか、文句を言ってもしょうがない。
息継ぎの水もこれも、伝説。 事実は、この山で修行したということだけ。

木の根が飛び出している。 だから、木の根道。 土が硬くて、石が多くて、根は潜り込めない。
鞍馬山の道の特徴。 ここは背比べ石の近くで、山道で一番高い。 後は下り。

10年11月25日 (11)

これは、遊び。 こんな枯れた木があった。
「これこれ。○○さん」と呼んでるようだ。

10年11月25日 (12)

義経は、何で鞍馬寺に来たのか。 それは、母の常磐御前が、一条長成に嫁いだため。
上にも書いたが、7歳の時。
義経が2歳の時に、父の義朝は戦いに負け死んだ。 
常磐御前は、義経と2人の兄を連れて、奈良の方に逃亡した。
 ※ 平氏の話ではないが、とにかく、負けたら追われる。 

僧上ヶ谷不動堂。 この辺りで、武術を学んだとあった。

10年11月25日 (13)

義経は、僧になるのがいやだから、鞍馬寺を出た。 ※ 兄2人は、僧。
10年いたというから、出たのは、17歳頃か。

なぜ、奥州平泉の藤原秀衝なのかが、問題になる。 
秀衝の妻の父は、常磐御前が嫁いだ一条長成の親戚だった。 その伝手(つて)を頼った。

義経堂。 義経の御魂はこの山にあるということで、建てた。

10年11月25日 (14)

こんな道を一気に下った。 根は踏まれて、すり減っていた。

10年11月25日 (15)

奥ノ院。 奥ノ院だから、鞍馬寺の一番奥か。 下る途中にあった。

10年11月25日 (16)

こうなる必要が、どうしてあるんだろう。

10年11月25日 (17)

山を下りた。 貴船川の入り口。 山に入るには、200円かかる。

10年11月25日 (18)

少し歩いて、左に行ったら、貴船神社。

10年11月25日 (19)

貴船神社。 絵馬の発祥の地とあった。
ここは、加茂川の上流。 水の神様。 貴船は、ふつうはきぶねと濁るが、神社だけはきふね。 水の神様だから、濁らない。

10年11月25日 (20)

貴船の加茂川沿いの道は、和泉式部恋の道と呼ばれる。
後で出てくるが、とにかく、いい歌をつくった。

10年11月25日 (21)

和泉式部恋の道。 右は、加茂川。 ※ 鴨川は、高野川と別れてから、加茂川とも書く。

10年11月25日 (22)

左に、結社(ゆいのやしろ)がある。
木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)に関わる、縁結びの神。

10年11月25日 (23)

和泉式部も、ここに来てお願いした。

10年11月25日 (24) 10年11月25日 (25)

こんな歌。

 「もの思へば 澤のほたるも わがが身より あくがれいずる 魂かとぞ見る」  ※ 魂~たま

跳ぶホタルが、自分の体から抜けた、魂に見えたと詠んだ。
自分は今、抜け殻のようだと言っている。

すごい歌だと思う。 この歌一つで、貴船の魅力は数倍になった。

10年11月25日 (26)

詳しくは、ここに。

IMG_1990pp09890.jpg

さらに歩いて、奥宮の入り口。 昔は、奥宮が貴船神社の中心。 和泉式部も来た。
ここで身を清めて、恋の成就を願うため、奥宮に向かった。

10年11月25日 (27)

参道。

10年11月25日 (28)

奥宮。 本殿は、後ろの建物。  ここで願い、願いはかなったようだ。

10年11月25日 (29)

小式部内侍(こしきぶのないし)は、この人の娘。 下の歌を詠んでいる。

   大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立       ※ 関連ブログ 「大江山・・・」

貴船は、京都の奥座敷と呼ばれる。 恋の道を戻った。

10年11月25日 (30)

あざやか。

10年11月25日 (31)

貴船口駅までの2㌔程を歩いた。

途中に、蛍岩があった。 この辺りが、蛍の名所。 和泉式部の歌が紹介されていた。

10年11月25日 (32)

貴船口駅。 4時間ほど歩いた。

10年11月25日 (33)

京都タワーの新しいライトアップ。 今日からスタート。

10年11月25日 (34)

今日は、義経の面影を追って、その後、いい歌に出会った。
その土地を訪れた時、人が関わっている歴史があると、面白さや魅力が増すように思いますね。
義経も和泉式部も、魅力いっぱい。

【道の駅】    ガレリアかめおか

【明日の予定】  嵯峨野の北の方か。 前回行けなかった。 

※ キャンピングカーで放浪の旅」は、こちらです
    8,9月分だけ、タイトル一覧表が出来ています。         

【ランキング】  国内旅行は 6位、 旅行全体で15位です。  放浪の旅は、44位です。 
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
           

スポンサードリンク

 
 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

京都

やはり京都の紅葉は綺麗ですね。

建物、周りの物とのバランスがとてもいいですね。
昔の庭師職人達の感覚の良さでしょうか?

写真の 腕 もありますね!

信州は、そろそろ雪景色になりそうなので、長距離の観光は来春かな。
春になったら京都へ行こうと思ってます。

またその時の参考にさせて頂きますね!

Re: 27日にガレリアかめおかに行きます

この土日が、紅葉最後の見頃でしょうか。
トロッコ列車いいですね。 おもちゃのよう。 子どもたち喜びます。
どこかで夜景も見たいですね。

私は27日もいますよ。 車は、駐車場ではなく、園部側の道に。
声をかけてくださいね。

Re: 京都

京都は温かいです。 冬が近づいてる感じはしません。
まだ、紅葉だって騒いでいる訳ですから、当然ですね。

京都は、どこを歩いても、廃屋とかが見当たらない。

冬になったら雪が降って、四季がはっきりしてる方が、魅力は大きいと思います。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/58-677e779b

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 義経修行の地、鞍馬山  和泉式部恋の道、貴船 ~京都市鞍馬~   他  (2010/11/25)
  • 2010年11月25日 (木)
  • 22時40分21秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。