FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

十津川村がどこにあるかを、考えたことはなかった。
熊野川の流域だから和歌山県と思いたいが、違った。
奈良県だった。 その最南端。

手づくりの雰囲気の、歩いたら揺れる、大きな吊り橋があった。
こんな吊橋が楽しい、と思える魅力いっぱいの橋だった。

見た後、一気に、亀岡に戻った。 (予定していたことが、少し変更になって)
    ※    ※    ※    ※

道の駅、紀宝町うみがめパークでは、ウミガメを飼っている。

12年6月14日 (1)

普通のカメ。 慣れていて、呼んだらやって来る。

12年6月14日 (2)

この亀の背中には、藻がびっしり。 年齢28歳。
調べてみたら、どの亀にも藻は生えないそう。 だから、珍しい。
藻の生えたカメは、蓑亀(みのがめ)と呼ばれる。

12年6月14日 (3)

浦島太郎の亀にも、長い苔の生えたのがある。 ※ 写真は、神仙組ⅠのHPからお借り。

urashimatarou7675.jpg

十津川村に向かった。
西村京太郎の推理小説の十津川警部の名前は、十津川村からとった。
渡瀬恒彦の十津川警部が好き。

狭い土地に集落があるため、車を停車できない。 やっと停めて撮影。
川沿いに家並みはずっと続く。 
下の場所は、そのどこか。

12年6月14日 (4)

1889年に十津川大水害があった。 168人が死亡。 村は壊滅状態。
この時、約2500人が北海道へ移住した。 新十津川村をつくった。 今は、新十津川町。
場所は、札幌と旭川の間。 
松尾ジンギスカンで知られる滝川市の隣。

向こうが下流。 

12年6月14日 (5)

十津川村は昔は、秘境の秘境。 十分な畑はなかった。
それで、時の権力者から免税の特権を与えられた。 

トンネルが出来て、五条市などに近くなった。 

12年6月14日 (6)

上野地の集落を歩いている。 旧道。 バイパスが出来ている。
谷瀬の吊り橋まで、200㍍程。

12年6月14日 (7)

十津川村では、一番に北にある集落。 10㌔程行くと、五条市との境界。

12年6月14日 (8)

谷瀬(たにせ)の吊り橋。 谷瀬橋とも。 対岸の地域が、谷瀬地区。

12年6月14日 (9)

場所はここ。



上流方向。 水は少ないが、河川敷は広い。 大雨の時は、大河になりそう。

12年6月14日 (10)

去年の9月3日に、台風12号の集中豪雨があった。
その時、紀伊半島の自然は、痛めつけられた。 道路は、いたるところで寸断。
そのため、今でも、片側通行の所がいっぱいある。 細い国道や県道は、通行止め。

12年6月14日 (11)

日本最長の鉄線の吊り橋だそう。(Wikipedia)  ※ 大きな吊り橋は、ピアノ線を使っている。

ちょうど真ん中。 向こうから来た。 歩けば揺れる。 それが楽しい。

12年6月14日 (12)

向こうに行く。 谷瀬の集落が見える。
子供たちの通学路にもなっている。 子供が落っこちる隙間は、どこにもない。 安全。
風速10㍍を越えたら、どんな風に揺れるんだろう。 その時、歩いてみたい。

12年6月14日 (13)

安全面は信用できるので、不安はない。 人間より、ずっと信用できる。

下に公園が見える。

12年6月14日 (14)

地元の住民が、1軒当たり20万円~30万円を出し合って建設した、生活道路橋。(Wikipedia)
だから、地元の人だけ、二輪車に乗って渡ってもいい。
※ 乗ったまま渡るのか、それとも押して渡るのか。 
  確認したら、乗ったまま渡っている。 

12年6月14日 (15)

ここを行ったら、谷瀬の集落。

茶屋がある。

12年6月14日 (16)

20名までとある。

12年6月14日 (17)

高所恐怖症なら、腰が抜けるかも知れない。

12年6月14日 (18)

女の人が怖がったので、この人達は戻った。

12年6月14日 (19)

谷瀬の吊り橋は、観光とは関係なく、必要に迫られて作ったものだった。
今から、60年も前のこと。

この後、一気に京都の隣の亀岡に戻った。 国道24が快調に走れた。
晩は、早くに寝てしまった。

【動画】



【今日の歌】
いつも何度でも。
作詞は、覚和歌子。 作曲は、歌っている、木村弓。
作詞家の詩だなって感じる。

作曲した人自らが歌うと、外面的な表現の工夫より、内面的な表現の工夫に重さを置いてるように見える。
そういう面で好き。
※ 西島三重子の池上線も同じ。 彼女が歌うのが一番いい。
  チェウニのがいいという人もいるが、私には、分からない。

※ クリックしたら、YouTubeに行きます。

無題itumonanndodemo6546 

この曲は以前、下の人で紹介したことがあります。



【道の駅】   ガレリアかめおか

【明日の予定】    午後からどこか少し。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で10位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/650-3c34ab09

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 十津川村の谷瀬の吊り橋は、1954年に作られていた。~十津川村~  いつも何度でも(木村 弓)  他  (2012/6/13)
  • 2012年06月14日 (木)
  • 07時13分10秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。