FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

以前東福寺に行った時、風邪気味で、奥にある泉涌寺(せんにゅうじ)まで、行けなかった。
それで、今回行くことに。
この寺は、皇室の菩提寺なんだが、魅力は楊貴妃観音があること。 それを見てきた。
 ※ 京都には、皇室にゆかりのある寺は、3つある。
   仁和寺と大覚寺と、今日の泉涌寺。  他の2つは、少し前に行った。
    ※    ※    ※    ※

東福寺駅から歩く。 暑い一日。



寺の説明を読んで、面白そうなら寄ることに。
ここは、退耕庵。 東福寺の塔頭寺院(たっちゅうじいん) 
  ※ 塔頭寺院は、付随するという感じか。 

12年6月14日 (1)

面白そうなことが、3つ書いてある。
① 関ヶ原での、石田三成たちの謀議。
② 小野小町に関すること。
③ 長州藩の陣が置かれていた。 鳥羽伏見の戦の戦死者の菩提寺になっていると。

12年6月14日 (2)

入ってすぐの所に小野寺。

12年6月14日 (3)

木があって、写真が撮りにくい。 小野寺とある。

12年6月14日 (4)

玉章地蔵(たまずさじぞう)。
これは、別の所にあった小町寺から明治8年(1875年)に移されたもの。
小野小町宛ての恋文が、地蔵の中から出てきた。
  ※ 像の撮影は出来ない。  写真は、ネットにあったもの。 HPの名前は分からない。

12年6月14日 (23)

※ 小町についての伝説は、京都の東山に集まっている。 東山の南にある、随心院がその中心。
  小町は、東山にいた可能性が高いようですね。
  伝説を広めた人がいるため、地方にも、小町の伝説がある。 そういうことかな。

こんな道を歩いて、泉涌寺に向かった。

12年6月14日 (5)

時計と反対回りに歩いてる。

12年6月14日 (6)

泉涌寺に近づくと、皇室の墓が目立ち始めた。

12年6月14日 (7)

泉涌寺大門。 ここで受け付け。 500円。
 ※ お寺の中には、境内は無料の所が多いが、ここは全部が有料。
   入ってから拝観出来る建物は、3つだけ。 他は別途お金がかかる。
これもそうだが、重要文化財の建物が多い。

12年6月14日 (8)

下の方は、塔頭寺院。

12年6月14日 (9)

お目当ての楊貴妃観音堂。

12年6月14日 (10)

和服の人がいた。 暑くないのか。 和の建物に似合う。

12年6月14日 (20)

楊貴妃観音は秘仏だった。 昔の人は、100年に1回しか見られなかった。
と云うことは、見たくても、誰でもが見られる訳ではなかった。 100年は生きられない。
※ 寺の人は、当然、こっそり見たでしょうね。 ひいきの人には、内緒でとか。

12年6月14日 (11)

こうです。 いいですね。 中国から持ち帰った像です。 日本にはない表情。 ※ 写真は、泉涌寺のHPからお借り。

12年6月14日 (28)

心照殿という、楊貴妃観音堂の隣に宝物館がある。
そこにあった、孝明天皇の肖像画。
江戸時代最後の天皇。 
泉涌寺では、この人の葬儀が、最後に行った天皇の葬儀。

12年6月14日 (27)

正面に仏殿。

12年6月14日 (12)

泉涌寺は、明治に入っても、修繕費はすべて政府(宮内庁)から出た。
鎌倉時代辺りから、皇室の菩提寺になっている。

仏殿。 見学できる。

12年6月14日 (13)

本尊は、運慶作とある。

12年6月14日 (14)

これが本尊の、釈迦・阿弥陀・弥勒の3つの像。 ただ、真ん中の阿弥陀像は修理中でなかった。

12年6月14日 (26)

仏殿の後ろは、舎利殿。 江戸時代の初めに、京都御所の建物を移築改装したもの。
※ 家康が、御所の整備をした。 仁和寺の紫宸殿も、御所にあった建物だった。

12年6月14日 (15)

鬼瓦の目は、穴が開いていた。 ある方向から見た時だけ、穴と分かる。

12年6月14日 (25)

奥の建物は、御座所。 ※ 御座所も庭も有料。 ただ、今日は寺の都合で見学できない。

12年6月14日 (16)

反対側から、仏殿を。

12年6月14日 (17)

御座所。 明治に入って、御所から移築したもの。
この建物が御所にあった頃、明治天皇は、この建物で日常過ごした。

12年6月14日 (18)

勅使門。 皇族や天皇が出入りする時に使用。

12年6月14日 (19)

駅に戻る途中、戒光寺に寄った。 泉涌寺の塔頭(たっちゅう)。
大きな仏像がある。

12年6月14日 (21)

本尊丈六釈迦如来像(重文)。 ※ 写真は、寺のHPから。
像の高さ、5.4㍍。 見学は、無料。 

12年6月14日 (24)

泉涌寺道を通って、戻った。
途中、即成院という寺に寄った。 見られなかったが、那須与一の墓があった。
※ 那須与一は、弓の名人。 源平の合戦で活躍した。 扇の的に矢を当てた。

12年6月14日 (22)

今日は、小町など、知らない発見もあったので、よかったです。

【今日の歌】
松田聖子が、3度目でしょうか、結婚しました。 相手は歯科医院。
亀岡市でお世話になっている歯科医院の先生が、松田聖子に詳しかった。
作詞は、彼女自身。 作曲は、共作。



※ 彼女の本名は、蒲池法子(かまちのりこ)。
  亡くなったZARDの坂井泉水の本名は、蒲池幸子(かまち さちこ)
  松田聖子は久留米市出身。 父は、柳川市の人。
  柳川藩の城主は、蒲池氏。 松田聖子は、その子孫。 直系ではないが。
  坂井泉水の先祖は、福岡の人。
  松田聖子と坂井泉水は、先祖は同じようです。(調べてみました。大丈夫のよう)

【道の駅】   ガレリアかめおか

【明日の予定】   新撰組にゆかりの地を歩いてみようかと。
          だいたい京都市の中心部に集まっている。 
          幕府を守る立場だから、そうなるのか。
          新撰組の魅力が分からないので、今まで書いたことが無い。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で10位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
          

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/651-9d96d528

openclose

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 泉涌寺(せんにゅうじ)は、江戸時代まで、皇室の菩提寺だった ~京都市~  あなたに逢いたくて(松田聖子)  他  (2012/6/14)
  • 2012年06月15日 (金)
  • 07時41分24秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。