FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

祇園に重伝建地区があることは知っていたが、どこにあるか確かめていなかった。
調べてみたら、まだ行ってないことが分かった。

そこは、賑やかな祇園にあって、しっとりとした佇まいだった。
    ※    ※    ※    ※
祇園新橋と云われる重伝建地区は、四条通の北にある、狭い範囲。
白川沿いにある。 赤○に、新橋がある。

gionnsinnbasi65435.jpg

三条大橋を渡って、向かった。 日曜なので、人が多い。 鴨川の下流方向。 
写真の左が祇園。  右は、河原町の繁華街。

12年6月23日 (1)

祇園新橋の、左の方に来た。 この道は、新橋通。 後で歩く。

12年6月23日 (2)

道は、白川南通り。 右に白川が流れている。
見える橋は、大和橋。  

12年6月23日 (4)

昔の大和橋。 実際より、川を大きく描いている。

12年6月23日 (3)

白川を挟んで、茶屋や旅館がある。  アジサイがあった。

12年6月23日 (5)

こうです。 風情がある。 料理旅館と読める。

12年6月23日 (6)

白川南通りを、少し進んだ。 
※ 白川の北側にあるけど、白川南通り。 少し離れた、ここより少し北に、白川北通がある。
重伝建地区に入っている。

12年6月23日 (7)

吉井勇(よしい いさむ)の歌碑があった。

12年6月23日 (8)

「かにかくに 祇園はこひし寝(ぬ)るときも 枕のしたを水のながるる」
※ かにかくに とは、いろいろと、あれこれと、の意味だそう。

12年6月23日 (9)

建物の奥の間は、川に突き出ていたとある。 
それで、枕のしたを水のながるる、になった。 なるほど。
こういうことに気づいて、それを文章にする。 2つの才能がいる。

12年6月23日 (10)

※ 吉井勇は、ゴンドラの歌の作詞をしています。



左に少し曲がって、新橋。

12年6月23日 (11)

右に、クチナシの花が見えてきた。

12年6月23日 (12)

※ ある戦没学徒の遺稿集「くちなしの花」から、
  渡哲也のくちなしの花や、美空ひばりの一本の鉛筆が生まれたんでしたね。(いつだか、ブログに書きました)
※ 遺稿集にあった文は、こんな文です。 いい文です。
      「俺の言葉に泣いた奴が一人
       俺を恨んでいる奴が一人
       それでも本当に俺を忘れないでいてくれる奴が一人
       俺が死んだらくちなしの花を飾ってくれる奴が一人
       みんな併せてたった一人……」

   女の人は彼に会いに行くが、彼は訓練中に、その日、金華山沖で死んでしまった。
   彼の友人を通して渡されたノートに、上の文が書いてあった。

小さな神社が。
   
12年6月23日 (13)

巽橋(たつみばし)。 ※ 巽の字が読めなかった。 選ぶからしんにょうを取る、で調べた。

12年6月23日 (14)

巽橋の上から見た、白川。

12年6月23日 (15)

巽橋を渡って南に行くと、「切り通し」と呼ばれる小路。 短いけど、祇園を代表する小路。

12年6月23日 (16)

巽橋から、新橋を見る。 

12年6月23日 (17)

こんなのが。 ネコに話して、練習すればいいのに。

12年6月23日 (18)

アオサギが動かない。 逃げない。
この後、右の人が、アオサギと一緒の撮ってほしいと、お願いされる。 ついでに、他の場所でもと。

12年6月23日 (19)

新橋から。 右の道は、新橋通。 左は、白川南通り。

12年6月23日 (20)

新橋通。 御茶屋などが並んでいる。 一軒一軒の店の顔がいい。

12年6月23日 (21)

一番右の文が間違っていますね。 建造物群、と群が入る。
祇園新橋と呼ばれるこの界隈は、祇園発祥の地とありますよ。

12年6月23日 (22)

古い町並みを、今風の人が歩いている。 似合っている。

12年6月23日 (23)

祇園新橋は、1976年に、日本で最初に重伝建地区に選定された。
※ その時一緒に認定されたのは、三年坂、妻籠、角館、白川郷、萩(2ヶ所)。
※ 町並みの価値に、最も早く気付いたということかな。

12年6月23日 (24)

玄関までの、細い細い小路。

12年6月23日 (25)

お店の顔は、こうです。

12年6月23日 (26)

新橋から見た、巽橋。 春の小川のように、流れている。

12年6月23日 (27)

ふたたび切り通しの小路を通って、戻る。

12年6月23日 (28)

切り通しの小路を出てきた。 もう少しまいててねとお願いして、パチリ。

12年6月23日 (29)

地下鉄の東山駅に向かっていたら、歩道が通行止め。 家宅捜索をしてると、教えてくれた。
向かい側の歩道から撮った。

DSCF74kkjhg47

調べてみたら、こんなニュースがあった。



祇園新橋の町並みは、京都に、そして祇園に行った時は、寄る価値がありますね。
お寺と、河原町などの賑やかさから離れて、のんびりする。

※ 今日は、親父の命日でした。 20年くらい経つのかな。

【今日の歌】
歌は、2分45秒から。 ギターもいいですよ。 間奏が。
おしゃべりは、桃井かおりに似ている。 中島みゆきは、面白い人ですね。



【道の駅】    ガレリアかめおか

【明日の予定】  天気次第

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で11位です。            
           
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 

コメント

放浪

 今月半ばから、私も、プチ放浪中で、今日で十日ばかり
 経ちました。放浪といっても、気仙沼に居続けですけど。
 毎日の活動をしながら、買い物に行き、食事を作り、
 お風呂にコインランドリーに水の確保、給油もしなければ
 ならないし、無駄にアイドリング発電しないように
 どうせならと走り回ったりと、一日が、あっという間に
 過ぎます。そうして、「放浪」をやってみると、akkamui さんは、
 これだけの活動の上に、ブログの更新も欠かさずに
 よくも、できるもんだと、感心したり不思議だったり。
 私は、今回、ブログの更新中に寝入ってしまったことが、
 少なくとも3回ほどあります。

Re: 放浪

私に旅は、いそがしい。
こんなはずではなかった。

ブログを書くのにも、時間がいっぱいいります。
知らなかったことを知ることが出来るので、続けることが出来るのかなと・・。

食事を作ったりするのは、楽。
最初の1年で、ノウハウが分かりました。

今一番苦労しているのは、面白そうなところを見つけること。

私の旅は、この先、どうなるんでしょう。



Re^2: 放浪

 ですよね。毎日、これだけの活動をして、これだけの分量の
 ブログを書くだけで、十分に忙しい。そのうえ、生活の
 ための活動があるとなると、忙しくないハズがないと
 思います。そのうち、放浪の旅から逃れるために旅に
 出たくなったりして。

》私の旅は、この先、どうなるんでしょう。

 そうですね。それが、わからないからこそ、旅なのかも。
 私は以前、車でシベリアを車で横断し、ヨーロッパに
 入り、南欧まで一巡したあと北欧にのぼってオーロラを
 見る…という旅を夢想しましたが、女房に「行くなら、
 離婚してから行って!」と叱られ、ただいま、断念中です。
 でも、どうやら、現在、ロシアを女ふたり旅中の

  http://lovetotravel.blog129.fc2.com/

 っていうようなページを見つけると血が騒ぎます。
 なんとか、計画を縮小してでも(スェーデン、フィンランド、
 ノルウェーの三国だけとか)ヨーロッパ車旅したいなー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/660-c119a76e

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 京都祇園にある重伝建地区、祇園新橋 ~京都市~  しあわせ芝居(中島みゆき)  他  (2912/6/23)
  • 2012年06月24日 (日)
  • 06時36分54秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。