FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

気仙沼から、下北半島の突端にある大間まで走った。
440㌔。 

陸前高田です。

陸前高田は他と違って、津波の後、街の中心街に瓦礫は無かった。
津波の力が大きすぎて、瓦礫を山の方に押し寄せた。 海に持ってったのもあった。

12年7月4日 (1)

この辺りには瓦礫は無かったが、集められて、山になっていた。
当面家を建てる予定の無い所に、瓦礫は集められているようだ。

12年7月4日 (2)

宮古市。 宮古市の中心街は、湾の最奥でなく、途中にある。
それで、津波の勢いが弱い部分があり、1階だけ壊れて2階は残ったと云う家がある。
直して住んでいる所もあった。

どこもそうだけど、瓦礫を取り去った後に、今年は草が生えた。 去年との違い。

12年7月4日 (3)

暗くなって、大間に着いた。  
津軽海峡を渡るのは、旅に出て、8回目。 この次、本州に渡って来るのは、いつだろう。
※ 明日の朝、7時10分、大間発。 8時50分、函館着。

12年7月4日 (4)

明日は、室蘭と苫小牧の間にある、白老町に行く。

数日前から、賃貸の物件を探していた。
旭川と苫小牧を中心に。

旭川には姉夫婦と母親がいる。
苫小牧は、少し離れてるけど、伊達にKさん、札幌にTさん、浦河には山の先輩Tさんがいる。

でも、アパートの一室では暮らせないと感じて、どうしようか困っていた。

そんな時、白老に、小さな別荘の感じの建物があった。
海まで歩いて5分。 住宅街の外れ。
かけ流しの温泉が付いている。
キッチンでも温泉の湯は使える。 また、床暖房にも利用している。
浜では魚が釣れるし、秋になったら、サケも釣れる。

ここなら何とか生活できるかなと感じて、明日の午後1時に、見せてもらうことになった。
電話で、持ち主の方と、少し話した。
源泉の温度は46度あると云う。 これは、大丈夫のよう。
写真で見たら、湯船の大きさは、家庭のより大きいようだ。 大人が3人は入れそう。
かけ流しだから、何時でも入れる。

明日行って、大きな問題が無ければ、決めるかもしれない。
賃貸の料金の交渉も、してみようと思う。

もしそこに決まったら、名前はどうするか。 考えてある。
「アッカムイ温泉 モモンガの湯」

遊びに来た人は、誰でもが入れるようにする。
ブログを読んだよって云う人だって、もちろんいい。

入浴料は、旅の情報を一つ、とかがいいかな。 いや、もっといいのがありそう。

夢は広がる。

そこを拠点に、たまに、北海道の中をキャンピングカーで走る。

そんなことで、住む所をどうするかが、動きだしました。

ほんとうに生きていけるのか、不安いっぱいなのが、本音なんだけど。


【思い出のブログ】  また、元の旅に・・。  ~亡くなられた方のご冥福を祈り、また、被災者に笑顔が戻ることを願って~  他  (2011/5/7)

【今日の歌】  北の旅人(中島みゆき)
    ※ むずかしい詞ですよ。  ※ 私は、道が見えなくなってきた。

     冬の国から吹く風に追われて  人は旅人果てしない日々
     道は見えるかこの夜の向こうに 道は届くか人の心に
     吹雪の中から夜明けが見える  氷の底から芽を吹く音がする
     人は旅人遠い明日の彼方に   守る月日の眼差しを見る

     冬の流れが私の足をつかむ   行方へ失くして凍える野辺に
     歌が聞こえる誰か僕を呼んでいる 道の標を教えて歌う
     吹雪の中から夜明けが見える  氷の底から芽を吹く音がする
     人は旅人遠い明日の彼方に   守る月日の眼差しを見る



【停泊場所】   大間のフェリーターミナル駐車場

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ブログランキング】   気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 

コメント

白老ですか

白老 いいところ ですね
雪も あまり 多くない で しょうね
条件が 折り合えは いいですね

こちらは あいかわらず ひきこもり 中 です
なにも なければ それで よし ・・・
て 生き方で だいぶ 退屈も しなくなって きました

初めてコメントします。ずっと旅行記を読ませていただいていました。四国の高松に住んでいますが、奈良や京都が大好きです。北海道での新生活、応援しています。毎日掛け流しの温泉に浸かれるなんて、素晴らしいです!白老には行ったことがあります。ゆったりして、心が広くなるようなところですね。アイヌの文化が身近に感じられるのも素敵です。これからも近況や心境を発信していただけたら嬉しいです。またコメントします!

びっくりしました。

数日振りにブログを覗いたら・・・。
何日もかけて好きな場所を見て聴いて廻るって
すごくいい旅をされているな~。と感心していましたし、実際に旅の参考にさせて頂いたんですよ。
とびしま海道旅と戸河内IC近くの棚田風景も、参考にさせて貰った旅だったんです。
今回の旅で門司の和刈公園に、行きと帰りで数日間滞在されていたのに、お逢い出来なくて・・・。ただ残念です。
酒くらいの差し入れをしようか迷っていたのです。
多分、また旅はされることでしょうから、その時は
是非ご一緒したいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/671-74152323

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 気仙沼から大間まで走る。 明日の朝、北海道に。  他  (2012/7/4)
  • 2012年07月05日 (木)
  • 03時51分12秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。