fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

昨日のブログに書いた賃貸物件を、今日の午後見せていただきました。
場所は、白老町竹原。 
登別温泉やクッタラ湖まで、10㌔ちょっと、という場所です。

12年7月5日 (3)

業者の方と、オーナー(持ち主)の方が、迎えてくれました。
2人の方は親子で、温かく迎えてくれました。
また、丁寧に説明していただき、温泉にまで入れさせてもらいました。

間取りは、下の図で、左の部屋は6畳に見えますが、実際は8畳で正方形です。
湯船の大きさは、一坪の半分でした。 大人3人が入っても、狭くない大きさでした。
かけ流しで、常時お湯が、あふれ出ていました。

12年7月5日 (1)

一人で生活するには十分な広さです。
家の北側が玄関で、そこに駐車場。 私の車と、もう1台停めることが出来ます。
南側に、家と同じくらい広い土地があります。
砕石が敷いてあり、眺めていて、つかれない風景でした。
 ※ 直ぐ近くに広い道があり、その道は駐車可能。

もし借りると決まれば、冷蔵庫や洗濯機や電子レンジなど、全て使わせていただけます。

温泉に入りましたが、お風呂とは全く違う感じです。
いいものです。 一人では広すぎる大きさ。 シャワーもあります。

建物は、築15年。 外も中も、とても綺麗でした。

一つだけ問題がありました。
気にしていた温泉の湯の温度ですが、今は十分に温かいのですが、冬になると35度くらいに下がるそうです。
それで、ボイラーで温めることになります。
※ 敷地の隅っこに、温泉ポンプ室があって、ボイラーはそこにあります。

この出費がプラスされることが分かりました。

最終的に、私が支払い可能な予算を伝えました。
それは、表記されていた賃料より、1万円安いものです。
その額を、検討していただくことになりました。

明日、結論が出ます。
もしまとまらなければ、この夏動きながら、別のを探すことになります。

※ 浜を歩いてみました。 海まで、歩いて5分です。
  ただ、砂浜ではなく、テトラポットが並んでいるので、釣りはむずかしいです。
  車で少し走れば、釣りやすい場所はありました。


数日前のブログに、「あることをした」と書きました。
後日書くと言ってあったのですが、書ける状態になったので、書きます。

昨年の4月13日のブログは、「最後まで防災無線で叫び続けた人は、2人いた」でした。
今年の3月に、NHKが「全音声が見つかる」というニュースを出しました。

内容は、下のものです。

12年7月5日 (2)

防災無線で呼び掛けた総数は、62回。
遠藤未希さんが、44回。 三浦毅さんが、18回。

「最後まで防災無線で叫び続けた人は、2人いた」ということが証明されました。
このニュースがネット紹介された時、私のブログも紹介されました。
私のブログのアクセス数は、2つのブログの総数で、1000位なのですが、その日は、約5万になりました。

その日以来、上のブログは、ネットで見つけやすい位置にあり、多くの人に読まれるようになりました。
※ 「南三陸 防災無線」で検索した時、YouTube以外では、一番上に。

また、震災関係のブログの記事は、国会図書館が収集して永久に保存することになりました。

そんなことがあり、記事の内容に問題が無いか、確認する必要が出てきました。

要するに、記事の情報は、三浦毅さんの奥様から頂いたのですが、奥さまがどう思っているかの確認が必要になりました。

連絡の取りようがなく、困っていました。
三浦さんの奥さまが、南三陸町の歌津に住んでいることは、知っていました。
それで、今回、北上する時、南三陸を通ることにしました。

手紙を、歌津の郵便局からなら、届くと考えたからです。
行ってみると、歌津の郵便局は流されて、仮設の郵便局はありませんでした。
南三陸の郵便局に行って、お願いしました。
届けてくれることになりました。
封筒の中身は、手紙と、ブログを印刷したものでした。

三浦さんの奥様からの電話が、今日の朝、フェリーに乗っている時にありました。
奥さまは、私のブログを、ネットで読んでいました。
ブログの内容にに問題は無いと、話してくれました。
私は、ほっとしました。
1ヶ所、間違いがありました。 結婚記念日と書いた所は、旦那様の誕生日でした。 
これを直したものが、今後ずっと残って行きます。

下のは、直した、最終的なものです。
  最後まで防災無線で叫び続けた人は、2人いた。 ~南三陸町~   他   (2011/4/13)

奥さまは、1年後も、そして今も、防災庁舎に通い続けています。
ネットに、そのニュースがありますので、紹介します。
ニュースの写真は、すごい写真ですよ。 全てを表現しているように感じます。
  (河北新報社 2012年03月11日 日曜日)

   宮城県南三陸町の三浦ひろみさん(52)は、この1年、東日本大震災で行方不明になった町職員の夫毅さん=不明当時(51)=
   の帰りを祈り続けてきた。
   夫が津波で流された町防災対策庁舎に、雪の日も風の日も足を運んだ。
   あの日から時間は止まったままだが、供養のため4月に葬儀を出す。
   「心から笑える日なんて来るのかな」。

   心の整理はつかず、防災庁舎を見上げる日が続く。
   「ふぶいてっから、きょうは冷たいよね。お父さん、温まってね」
   雪が降りしきる2日夜も、ひろみさんは防災庁舎に車を走らせた。
   暗闇の中、車のヘッドライトで祭壇を照らす。
   赤い鉄骨が浮かぶ。
   好物の日本酒をそっと供えて「帰ってきてよ、早く」。

   hubukinohi6547.jpg

   祈りを重ねて、また3月が巡ってきた。
   昨年3月11日。
   町危機管理課職員の毅さんは防災庁舎2階の放送室で、最後まで町民に避難を呼び掛けた。
   ひろみさんは手掛かりを求め、庁舎周辺を毎日歩き回った。
   ヘルメットをかぶり、鉄骨がぶら下がる2階にも上った。
   「ねぇ、返事してよ」。泣きながら大声で叫び続けた。

   3カ月後の6月11日。
   「毎日待ってるから」。
   夫の携帯電話を鳴らし、留守番電話に吹き込んだ。
   誕生日には携帯メールを送った。
   「会いたいよ」。
   結婚記念日の秋。
   挙式した町内のホテルに泊まり、思い出に浸った。
   窓の外に人なつっこいウミネコ。
   「お父さんなの?」
   季節感はなく、大みそかも正月も自宅で泣いて過ごした。

   年が明け、行方不明の町職員の葬儀を営む家族が増えた。
   「本当は2年でも3年でも、一生でも待ちたい。でもお父さんは、天国でみんなと一緒に居たいのかもしれないな」
   区切りではない。
   供養なんだ。
   自分に言い聞かせ、葬儀を4月にすることを決めた。
   死亡届を出す。
   死を認めてしまうことに胸が張り裂ける。
   夫がいない暮らし。
   何を食べてもおいしいと思えない。
   おしゃれも、化粧もしたくない。
   「私が悲しむ姿をお父さんが望まないとしても、どうやって元気になればいいのだろう。
   前へ進むって、なに」
   まだ1年。悲しみは癒えない。         

奥様とは、どんな考え方をすればいいだろうね、とか、そんなことを話しました。
記事を書いた目的についても。


明日、賃貸物件については決まります。
寅さんのように、放浪の旅を続けるしかないのか・・・。


【今日の歌】



【道の駅】  みたら室蘭

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ブログランキング】   気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 

コメント

ご愁傷様って言えない

 本州への忘れ物が、ひとつ、減りましたね。葬式を出すと
 坊主の話が聞けるのでいいですね。なるほどと思える
 話をする坊主もいれば、こんちくしょうって思う話しか
 できない坊主もいる。でも、どちらも、心の傷を癒す
 薬になるんだよね。女房の先輩も、ご主人が息を引き取った
 病院に3年くらい入ることができなかった。時間よりも
 人間かな?癒すのは。

 今日の昼前に岩木山の8合目駐車場に着きましたが、
 濃霧で何も見えません。食事をしたり、昼寝をして、
 霧晴れ待ちをしましたが、いっこうに回復しないまま、
 スカイラインの閉門時間になりました。しかたがないので、
 宿泊届けを出して、駐車場泊まりです。でも、トイレは、
 ウォッシュレットだし、ヘタな道の駅よりいいかも。
 暴走バイクも入ってこれないし。明日も霧なら、霧をついて
 歩いてみるか、それとも、もう一日、だらだら過ごすか、
 明日のことは明日の気分で。

Re: ご愁傷様って言えない

私も、山に登りますね。
室根山に、元気をもらいました。


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/672-7264d861

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 賃貸物件は検討中。  「最後まで防災無線で叫び続けた人は、2人いた」の記事について。  他  (2012/7/5)
  • 2012年07月06日 (金)
  • 06時34分18秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。