FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

斎藤茂吉は、1932年(昭和7年)に、北海道にやってきた。
中川町(当時は中川村)の志文内にいる、兄を訪ねるのが目的。
兄は、診療所の医師。
今は、診療所跡が、茂吉小公園となっていた。

山本美香さんの最後の場面が、ほぼ正確に分かりました。
    ※    ※    ※    ※

志文内の場所は、今は、共和と呼ばれていた。



訪れたのは、昭和7年の8月14日。 茂吉、50才。
弟の高橋四郎兵衛が、同行している。
鉄道で、佐久駅まで来た。  ※ 旭川~稚内間の宗谷本線は、大正の終わり頃開通。

佐久駅から、アベシナイ川に沿っておよそ15キロを歩いた。
4時間かかっており、茂吉はこう書いている。
「豪雨ノナカ草鞋ハキ徒歩ニテ」  ※ 昭和に入っているのに、草鞋(わらじ)なんだろうか。

 

私は、美深側から向かったら、途中通行止めの表示があり、佐久から入った。
※ 私が中川町にいた頃、この共和方面は、板谷と呼んでいた。
  中川町の一番の山奥、のイメージを持っていた。

診療所があったところに、茂吉小公園はあった。
今は、数軒の家が残る、小さな集落の真ん中。

12年8月25日 (7)

歌碑があった。
 「さよなかと 夜は過ぎつつ 志文内の 山のうへ照らす 月のかげのさやけさ 」
   ※ さよなか→小夜中→最夜中(さよなか)→最も夜中で、真夜中の意味。
    「さ夜中と 夜は更けぬらし 雁が音の 聞こゆる空を 月渡る見ゆ」(柿本人麻呂)の歌がある。
   ※ 月のかげ→月の形、月の姿
   ※ 清(さや)けさ→清く澄んで、はっきりしている様子

12年8月25日 (8)

茂吉の歌の師は、伊藤左千夫。 野菊の墓を書いた人。  昔読んだ。 悲しい別れの話。
5日間いて、短歌を47首つくった。

「 あをあをと おどろくばかり 太き蕗(ふき)が 澤をうづめて 生ひしげりたる 」も詠っている。

12年8月25日 (9)

茂吉の歌は何も知らなかったが、今回、上の2つをおぼえようと思う。

茂吉の兄の、守谷富太郎は、拓殖医として志文内に来ていた。
 ※ 当時、拓殖医制度というのがあって、補助金を交付して、医師の開業や定着を図る施策を行っていた。

12年8月25日 (10)

昭和3年に、富太郎は志文内に来る。 熊が出るこんな山奥に、よく来た。
※ 魚を釣って遊ぶのが好きだったよう。

冬になったら、マイナス30℃は、あたりまえ。

12年8月25日 (11)

志文内に奥さん方がこれだけいると云うことは、当時は、大きな集落だった。

12年8月25日 (13)

昔の人の表情。 中央が、富太郎。
明るい表情の人は、1人もいない。 みんな真面目に。 間違っても、ピースの雰囲気ではない。

12年8月25日 (12)

中川町では、短歌フェスティバルをやっている。 入賞したのが展示してあった。
大きな蕗(ふき)を~~の歌のフキを、昔何度か見た。 
中に水があったら、虫は入れない。 美味しいフキ。

12年8月25日 (14)

旧 中川町立共和小中学校。 平成3年に閉校。 この校舎いっぱいに、子供たちがいた時代があった。

12年8月25日 (15)

こんな様子。 市街地からここまで、酪農を営んでいる農家が、点在していた。

12年8月25日 (16)   12年8月25日 (17)

茂吉は、志文内に5日間いて、その後稚内、樺太へと向かう。

※ 茂吉の子どもに、北 杜夫(きた もりお)がいる。 
  北 杜夫の子供に、斎藤由香という作家がいる。
※ 茂吉について調べていたら、彼は、非常に戦争に協力的な作家と知った。
  彼の価値観では、平和とか、人々の幸せとかが、一番ではなかった。
  深入りしなくてもいい作家、という感じになってしまった。

この後、戻る。
ここは、旧佐久小学校。 平成11年の3月に閉校。

12年8月25日 (19)

グランド前に、古い門があった。

この学校に、小学校の3年か4年の2月頃、そろばんの試験を受けに来た。
歌内の駅まで歩いて、汽車に乗って佐久駅まで来た。 そして、ここまで歩いた。 
先生と何人かの子供と一緒に。
私は、7級と8級を受けた。 7級に受かって、8級に落ちた。 
  ※ 8級の割り算が0点だった。 
    答えは全て2ケタだったが、私は、305のように、間に0を入れてしまった。
この時の賞状は今もある。
賞状は、3月の雪解けの頃、先生からもらった。
帰り道、丸めて、友達とチャンバラをした。 
賞状は、馬糞の転がっている雪道に落ちた。
その時の黄色い染みが、今でも汚れたように付いている。

試験が終わって、裏山のスキー場で、ジャンプを見た。
10㍍以上は、飛んでいた。 手をまわしてる人がいたように、記憶している。

遠い昔の思い出。

12年8月25日 (20)

佐久駅に向かう途中、橋の上から、天塩川を撮った。 
子供の頃、天塩川はこわかった。 決して、近づかなかった。

12年8月25日 (18)

佐久駅。 

12年8月25日 (21)

※ 昔の佐久駅は、こう。 北海度新聞のデータベースからお借り。

6566666sakueki.jpg

佐久の駅前。

私の小学校1年の時の担任は、石原幸子(さちこ)先生。 ※ 結婚して、赤間幸子。
実家は、佐久にあった。 今、75才くらいでしょうか。 ずっと会っていない。

12年8月25日 (22)

この後、買い物して、私の家があった国府に向かった。


シリアでの、山本美香さん最後の場面について、新たに分かったことがあるので書きます。

山本さんのパートナーの佐藤さんは、彼女は自分の右後ろにいたと言った。
変だなと、思っていた。
彼は、右に逃げるのだが、そうしたら、彼女の前を逃げることになる。
でも、彼女が撮影した映像には、写っていなかった。

下は、山本さんの撮影。
少し前に、男の人。 その右に、白い車。 その右に、男の集団。

12年8月25日 (24)

佐藤さん映像が、後(のち)に、報道で流れた。
下は、それの一場面。
手前の男の人と白い車の間に、空間が生まれた。

12年8月25日 (23)

上の2枚の写真から、山本さんは佐藤さんの左にいたことが分かる。  ※ 写真は、映像から切り取ったもの。

すぐ上の写真の右端に、1人の男が見える。 この男が、この後叫ぶ。
銃弾発射まで、あと、2秒ない。

下の写真。
男が叫んだ。 「日本人だ!」。 男の発音では「ヤバーニ!」
手の先は、撮影している、佐藤さんの方を向くことはない。 動画を見ても。

12年8月25日 (4)

男は、山本さんを指差したと、想像できる。
その時の、山本さんの映像には、この瞬間。 男は、右に動いている。

12年8月25日 (3)

直ぐ後、佐藤さんが、逃げろとか、叫ぶ。 山本さんは佐藤さんの後ろの方に動く。
この写真でも、山本さんは、右後ろではなく、左後ろにいたと分かる。

12年8月25日 (5)

佐藤さんが、山本さんのビデオカメラの画面から、右に消える直前。
山本さんも動いているので、画像がボケる。
でも、逃げながら、カメラは前を撮影している。

12年8月25日 (2)

佐藤さんが、山本さんのカメラから消えた瞬間、銃声が鳴る。
それが、下の画面。

相手が使用していると想像できる機関銃、AK-47の、弾丸の速さは、秒速730㍍。
音速の2倍を越える。

と云うことは、銃声が聞こえた下の画面の時には、もう、銃弾は彼女に届いていた。
最初の1発が、右ひじか、首なのかな分からないが。
 ※ カメラを狙ったように、想像できるが。

12年8月25日 (25)

上の写真の直後、カメラは下を向き、撮影は停まる。
黒く写ってるのは、山本さんの防弾チョッキ。

12年8月25日 (1)

山本さんの最後の場面は、これで、ほぼ正確と思う。
4発が、一瞬のうちに、彼女を目がけて、発射された。

その後、彼女のカメラを拾って、撮影した反政府軍の兵士がいた。
映像の中に、彼女のことを言ってる声もある。
また、撃たれた人の、絶叫の叫びもある。 
    ※ この動画は、報道で流れているので、見た人が多いと思う。 



下の文は、山本さんの言葉。
目標について、語っている。

私は旅に出て、目標に向かって動いているのではなかった。
どこまでも行くぞって云う気持ちだけで、十分だった。
だから、彼女の言ってることに、共感できるかな。

一番下の文を読むと、そうなんだな、と思う。
 ※ この部分は、誰が書いた文と押されればいいのか。 池田、と云う人でいいのか。

12年8月25日 (6)

山本さんは、変わり果てた姿で、自宅に戻った。
パートナーの佐藤さんは、彼女は長い取材の旅に出かけた、と言っていた。


【停泊場所】  小学校の4年までの5年間、中川町国府にいた。
        住んでいた家があった場所の、すぐ近く。





tizukokuhu897.jpg

【明日の予定】  国府を歩く。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は9位、 旅行全体で24位です。            
        
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/726-3352fdce

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 志文内の茂吉小公園(茂吉の兄の診療所跡)  佐久の思い出 ~中川町~  銃声が届く前に、銃弾は彼女に。  (2012/8/25)
  • 2012年08月26日 (日)
  • 01時32分06秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。