FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

一日雨で、歩けなかった。
  ※ 歩くのは、明日に。 学校跡まで、往復。  天気は、大丈夫のよう。
昔のことを思い出しながら、少しだけ、車で走った。

少しだけ歯車がずれていたら、山本美香さんは死なずに済んだのに、と思った。
今更、遅いけど。
    ※    ※    ※    ※

昨日から、ここに車を停めている。
国道から、600㍍程入った。 国道は、私のずっと後ろに。

家は、左奥にあった。

12年8月26日 (3)

左の方。 ○の辺りにあった。 ブロック造りの平屋の小さな家。
昭和31年の秋から、昭和36年の3月まで、4年半程住む。

12年8月26日 (4)

国道の方は、このように。 昔は、歩くだけの道だった。 
馬車とかは、別の道を通っていた。

12年8月26日 (2)

上の写真の右側。 ○の辺りは、昔は、湿原だった。 エゾカンゾウが咲いていた。

12年8月26日 (5)

家のあった方から撮影。 左端に車。 中央の○の方角に、小学校。
右の○は、国道への出口。
国道の近くに、郵便受けがあった。 新聞と郵便を取りに行くのは、私の仕事。

12年8月26日 (6)

最初の半年ほど、地図の印の所に住んだ。 

12年8月26日 (1)

向こうから来た。 家は、右の方に。

12年8月26日 (7)

右の方は、こうなんだけど、正確な場所は分からない。 ここから、100㍍か200㍍入ったところ。

12年8月26日 (8)

この場所の、後ろの方が、上の写真の場所。

道の突き当たりを左に行くと、学校の方に行く。
右に行くと、山道を通って、歌内の駅に行く。 今は、途中から使っていない道。

右に少し行ったら、昔は、少しだけ水田があった。
※ 現在の日本最北の水田は、日本海側の遠別町にあるそう。
  この場所は、遠別より更に北になる。
  もしかしたら、当時は、日本最北だったかもしれない。

12年8月26日 (9)

天気が悪いので、バッテリーに充電されていない。
少し走るかとなって、中川のセイコーマートまで、少しの買い物に。 ゴミも捨てて。

帰りに、歌内の駅に寄った。
昔は立派な駅。
  ※ ネットで写真を探したが、見つからない。
    図書館がやっていたら行こうと思ったが、休みだった。
    図書館に行けば、きっと見つけられる。
    国府小学校の写真も、きっとある。 図書館は、明日月曜も休み。

この駅で汽車を待つ時、汽車が恐ろしかったので、いつも、ホームの一番後ろにいた。
留辺蘂町まで往復したことがある。
何時間外の景色を眺めても、飽きることはなかった。
放浪の旅にあこがれる、スタートかもしれない。

12年8月26日 (10)

駅前の様子。 昔は賑やかだった。 歌内には、小学校も中学校もあった。 今は、どっちもない。
この店で、凧を買ったことがある。

12年8月26日 (11)

この場所は、天塩川の国府側。 橋を渡ったら、歌内。 

昭和15年5月6日、天塩川の渡船が、ひっくり返った。
乗っていた児童17人と父兄2人全員が流されて亡くなった。

下は、その遭難碑。
橋が出来たのは、昭和35年。 4年生の時だった。

12年8月26日 (12)

戻ってきた。 遠くから家があった場所を見ると、こう。

12年8月26日 (13)

朝は見えなかったペンケ山が見えた。 いつも眺めた山。

12年8月26日 (14)

思い出をいくつか。 (思い出すままに)

○ 家で飼っていたのは、馬、牛、ヒツジ、ヤギ、ニワトリ(100羽)、猫。
  卵は、おふくろが中川の市街まで売りに行った。
○ 家の軒下に、いつも、松葉ボタンを植えていた。 ツメキリソウと呼んでいた。
○ 家の近くに小川があって、トゲウオをすくって遊んだ。 ザリガニもいた。
○ 最初の家の近くには、熊が出ると言われていた。
  姉が2年生だったので、親は、登下校のとき心配していた。
○ 電気が無いので、ランプ。 ランプのホヤを磨いた。

○ ラジオは聴けた。 針金のような有線で、どこかとつながっていた。
○ 冬は、スキーで通っていた。 道でなく、最短距離で真っ直ぐ。
○ 鴨(かも)の卵を見つけて、焼いて食べたことがある。
○ ある家で、汁粉を御馳走になった。 牛乳が入っていた。
  今でも、牛乳の入った汁粉が大好き。 たま~に、作る。  
○ トマトやカンロを育てた。 毎日必ず見に行った。 大きくなったかなって。

○ トノサマバッタを山ほど捕まえた。 それ以来、バッタは好きでなくなった。
○ ラーメンを最初に食べたのは、1年生の時。 中川の、にこにこ食堂。
  かん水のにおいがした。 ちりちり麺。 忘れられない味。
  同じ味が作れたら、今の時代でも、売れると思う。
  似た味のラーメンは、食べたことない。
○ 国府にいた時、荒馬という相撲取りを応援していた。 中川町の出身。(佐久かな)
  荒馬の他に、木ノ村と名乗った時もあった。 十両には上がれなかった。
  荒馬は、のちのラッシャー木村。 プロレスラー。

○ ある時、よその家でご飯を御馳走になった。
  それは、冷たい味噌汁をかけたご飯。 具はジャガイモだけ。
  それを思い出して、今でも、同じご飯を食べることがある。
○ 留辺蘂のおばさんが、動物の図鑑を送ってくれた。
  本は、それしかなかった。 ボロボロになるまで読んだ。
  そこそこ勉強が分かるようになったのは、この本のお陰。 感謝している。
○ 風呂は、木で出来ていた。 桶(おけ)の感じの。 
  あれから、同じ風呂に入ったことない。 見たことはあるけど。

この辺でお終い。 明日は、学校の思い出。


こうだったら、山本美香さんは死なずに済んだかもしれない、と思うことが2つ。

下の写真。 彼女はビデオカメラを指差している。
転んで、カメラをぶつけたと、佐藤さんに言っている。
彼女は、壊れたかもしれないと、心配している。
佐藤さんは、大丈夫、俺のあるから、と言った。

でも、カメラは壊れてはいなかった。
この後撮影に使う。 
使っていたために、日本のジャーナリストと見破られ、銃撃されてしまう。

もし、この時壊れていれば、どうなったか分からない。
彼女は、ビデオカメラでの撮影はしていなかった。
撃たれなかったかも知れない。

12年8月26日 (15)

彼女が銃撃された日、ジャーナリスト2人が政府側に捕まってしまう。
山本さんが銃撃された日から、ジャーナリストへの弾圧が激しくなった。

山本さんと佐藤さんの、シリアに入る予定が、もう1日遅かったら、上の情報が耳に入った。
そうしたら、危険と感じて、20日にシリアに入るのは止めたかもしれない。

12年8月26日 (16)

いくら用心しても避けきれない危険はある。
運命の歯車がどう回るかは、運次第の感じがする。

【停泊場所】    昨晩に同じ

【明日の予定】   学校跡まで歩いた後、北に向かう。 途中から、海に出ようかと。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は12位、 旅行全体で39位です。            
         
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

 

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/727-b4837fd7

openclose

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 国府での生活は、貧しかったけど、楽しかったかな。~中川町~  運命の歯車が、少しずれていたら・・・。  (2012/8/26)
  • 2012年08月27日 (月)
  • 02時00分24秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。