fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

大船渡市、陸前高田市の被災地を通った。
復興は、間違いなく進んでいるように見えた。

昨年の3月に撮影した写真と、比べてみた。
    ※    ※    ※    ※

印の所が、大船渡市三陸町 越喜来(おきらい)。

無題mmmmnnn

鉄道は、三陸鉄道南リアス線。 今は、不通。
津波は、線路の下までやってきた。

12年10月16日 (2)

昨年3月末の様子。
道路標識の津波想定区域は、どこも、ほぼ正確。 このことには、驚く。

越喜来776567

線路から撮影。 左の建物は、越喜来診療所。 
2日間、ここの清掃をした。 

12年10月16日 (3)

建物の中に、津波は大量の泥とゴミを置いていった。
この撮影をした時、まだ、診療所に来ることは知らない。

越喜来90990

今は不通だが、復旧工事は進んでいる。

12年10月16日 (4)

別方向からの診療所。 診療所は、全員避難出来た。
向こうの緑の建物は、老人ホーム。 診療所より少し低い。 1階の天井近くまで、水は来た。
多くの人が亡くなった。

12年10月16日 (5)

震災後。 診療所の中の全ての物を出した。 
泥やゴミを運び出した後、水洗いした。  
  ※ 越喜来診療所の清掃  人々は流された、という言い方  陸前高田市の街並みは消えていた   他  (2011/3/29)

越喜来657

プレハブのお店が、出来ていた。

12年10月16日 (6)

プレハブのお店の方に下りて、線路の方に戻っている。 右のお店も新しい。

12年10月16日 (7)

車で、線路下を通って、海の方に行った。  正面向こうは、越喜来小学校。

12年10月16日 (8)

この小学校は、避難の仕方が、周到だった。 上手だった。
建物の右端は、高台に避難するための廊下。
必要を訴えた人がいて、前年だったかに、出来た。

1階から外に出ないで、2階から、山に向かって避難した。

12年10月16日 (8)m

大きな地震が収まったら、直ぐに避難開始。 
小さな揺れの時は、歩いたと云う。 大きく揺れた時だけ、停まった。

どのように避難するか、などの相談は一切なし。
それをしないために、普段、避難訓練をする。
多くの子供の命を守れなかった大川小学校は、どうするかの相談が長すぎた。

職員全体が、一体となって、子供を津波から守った。
下の文にある、副校長(教頭)の校長への進言もいい。 用心、さらに用心だ。
  ※ 記事は、朝日新聞。

ppppkkk.jpg

小学校の近くから、越喜来の真ん中辺りを撮影。

12年10月16日 (9)

この写真は、上の写真の、少し右。
おばあちゃんが2人いた。 避難所から出て来て、散歩している。
「みんな大変だから、迷惑かけないようにしなければ」と、おばあちゃんは言った。

この場所の後ろの方に、越喜来の駅がある。 子供たちは、まず最初、そこに避難した。
おばあちゃん達の避難所も、後ろの方にある。

越喜来98900

海の近くには、瓦礫がまだ残っていた。

12年10月16日 (10)

海沿いの道を1㌔程行くと、この場所。  左から来た。
以前は、線路が「飴」のように曲がっていた。 鉄道の土手も壊れていた。
  ※ 震災後の写真をは撮ってあったが、見つからない。 
復旧工事は、始まっている。

12年10月16日 (11)

道も壊れた。

12年10月16日 (12)

ここは、綾里(りょうり)地区。

12年10月16日 (13)

昭和8年の三陸津波の時、ほとんどの家が流された。 
その当時、この写真に見える所に、家はいっぱいあった。
一番上にあった家が、流されなかった。 その家が、避難所になった。

その後、その家の上にみんな家を建てた。
一番上にあった家は、一番下になった。
今回の地震で、一番下の家の、少し下まで津波は来た。 家は無事だった。
教訓が生きた。  下に、詳しく。
  ※ 津波の被害 大船渡市~赤碕町(3ヶ所)、三陸町綾里(2ヶ所)、三陸町越喜来(2ヶ所)~  旅は今日で2年  (2011/3/31)

綾里6778

このように、家は山の上に。

12年10月16日 (14)

大船渡市の市街地。

12年10月16日 (15)

地盤沈下を起こしたため、水位が高い。

12年10月16日 (16)

新しい建物が建ち始めている雰囲気は無い。
将来的に、工場は出来るかもしれないが、商店や住宅は建てないように思う。
高い所にも、土地はある。

12年10月16日 (17)

ここに、駅があった。 コンクリートのかげに、線路。

12年10月16日 (18)

大船渡駅を背中に、駅前を撮影。  下の方に、同じ場所からの写真がある。

12年10月16日 (19)

震災後のようす。 3月末に撮影。

大船渡99056   大船渡市09065

大船渡市009099   大船渡市65664

大船渡市775545   大船渡市776788

大船渡市878888

陸前高田の道の駅、高田松原。 大きかった。 400台以上、停められた。 こんなんだった
松原まで、歩いて行けた。 2009年の秋に来た。

12年10月16日 (20)

建物の後ろはこう。 橋が見える。 あの橋を渡って、松原に行った。

12年10月16日 (21)

奥に、橋が見える。  松原の中を歩いた。

陸前高田54555   陸前高田666777

見事な松原だった。  啄木が歌を残していた

陸前高田gg   陸前高田745

津波は、全てを山に押し流して、持っていくものは海に持って行った。
陸前高田が、一番被害が大きかった。
被災した他の町の人達が、陸前高田はかわいそう、と言った。

12年10月16日 (22)

行き所のない瓦礫が、まだあった。

12年10月16日 (22)m

上の写真の左。  誰かが、ヒマワリを植えた。

12年10月16日 (23)

この建物の向こうは海。 右後ろの方に、1本だけ残った松はあった。

12年10月16日 (24)

写真の下に文のある写真は、外国メディアの写真。 他は、私。
きびしい写真がある。

陸前高田43456   陸前高田87869

陸前高田776788   陸前高田889

陸前高田9879   陸前高田653

陸前高田5556   陸前高田8890

陸前高田77732   陸前高田0090

陸前高田市88768

3月11日の夜の様子。  ※ このブログを書いた日に、「南部牛追唄をいつか調べたい」と書いていた。

tizu789.jpg   huyu789.jpg

0000989.jpg   無題323444

気仙沼で、200円のお風呂に入って、夏に停まった駐車場に向かった。
途中、この場所を通った。 いつか通った道。

DSCF7355kkk00

宮城トヨタの店が見える。 お世話になったことがある。
震災で大丈夫だったのか、心配していた。 大丈夫だった。

DSCF7355kkk00mm

3年前に撮った写真。

20091005203019a72.jpg

地図の赤い○の場所。 海に近い所は、大変な被害。

12年10月16日 (1)

三陸は、ほとんどの場所に行っている。
今度来たら、復興の様子、被災者の努力を、多くの場所を訪ねて、もっと書かないとダメかな。
気持ちを、充実させて。

【今日の曲】  被災地にいる時、震災の悲しみは、いつも下の曲と重なっていた。
        久しぶりに聴く。  ※ 演奏は、作曲した人。



【停泊場所】  気仙沼と南三陸の間のパーキング。
        ここと思っていた所を、通りすぎてしまった。

【明日の予定】 南三陸町

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で10位です。            

                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 

コメント

再び、東北。

 気仙沼も、また、訪れたのですね。2011年の春見た光景は、
 忘れないと思うけれど、他のすべての記憶同様、少しずつ、
 薄れていくと思う。
 今年も、気仙沼に行ったけれど、来年もいくかどうか、わからない。
 もっと、行政関係の方以外との結びつきを深めていたら、違っていた
 かも知れないけれど、被災者の方に直接寄り添うのはむつかしい。
 ボランティア同士の方が、はるかに、気持ちが通じる気がするのだけれど、
 気仙沼を離れても同じかと問われると自信がない。言葉の表現が
 おかしいけれど、気仙沼を思う気持ちは持ち続けていていいけれど、
 ストーカーになっちゃいけないなんて思ったりする。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/779-95d2b5ca

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 被災地の復興の様子 (被災直後との比較) ~大船渡市(越喜来・市街地)、陸前高田市~  他  (2012/10/16)
  • 2012年10月17日 (水)
  • 05時33分40秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。