fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

中央アルプスの主峰は、木曽駒ケ岳。
その山の下に、氷河が作った、千畳敷カールがある。
冬山に登ることはないが、冬山が見たくて、行ってきた。

快晴。 少しだけと思って、登ってみた。
千畳敷カールの、だいたい上まで行けた。

天気が急変。 寒くなって、慌てて降りてきた。
15分もしたら、また快晴。
冬山の空は、女心や秋の空どころではなかった。

※ お知らせ。 7日のブログの最後を書き終わっています。 ぜひ。
    ※    ※    ※    ※

山の左は、木曽路。 右は、伊那路。



2500㍍以上は、白い。 バスセンターに向かっている。

12年11月8日 (1)

山の下に、菅の台バスセンター。 山の道は、車は進入禁止。 細い道。
ロープウェーも入れて、往復3800円。 バスは、30分おきに出ている。
標高、850㍍。

12年11月8日 (2)

急なカーブと、急な上りが続く。 標高差800㍍を登る。

12年11月8日 (3)   12年11月8日 (4)

秋と冬、両方の風景。

12年11月8日 (5)

工事のため、バスの乗り換え。

12年11月8日 (6)

ロープウェーの下の駅。 しらび平駅。 標高1662㍍。

12年11月8日 (7)

下の駅と上の駅との高低差は、950㍍。 日本一。 上の駅の標高は、2612㍍。 これも、日本最高。
  ※ 乗鞍岳は、最後までバス。 そこの標高は、2702㍍。 もっと高い。

カモシカがいた。 最初クマかと思った。 太っている。

12年11月8日 (8)   12年11月8日 (9)

ロープウェーは、ほぼ定員いっぱい。 富士山が見えるって、みんな喜んだ。
山頂駅に着いた。  下に駒ヶ根市。 向こうに、南アルプス。
富士山が見えている。

12年11月8日 (10)

中央アルプスには、3000㍍を超える山はない。 山々は、それを少し寂しいと思っている。
南アルプスには、3000㍍級の山が並んでいる。
富士山は、その山の後ろから、顔を出している。 さすが。

12年11月8日 (11)

駅を出たら、雪景色。

12年11月8日 (12)

千畳敷カール。 氷河が、ゆっくりとずり落ちる時に、削った。 まるくなった。
この時は決めてなかったが、ピンクの○まで、行くことになる。

12年11月8日 (13)

右上に、木曽駒ケ岳。 左に、宝剣岳。 ○まで行く。

12年11月8日 (16)

12年11月8日 (17)

みんな散歩している。 風は、全くない。 

12年11月8日 (14)

上の方の写真の、少し左。 この山が宝剣岳と、後で知った。 2931㍍。
標高差300㍍ほどだから、夏なら無理なく行ける。

12年11月8日 (15)

私も歩き出した。 この2人は、神社でお参り。
一緒になれますようにって。 いや、どっちかが、その反対を祈ってたりして。

ここの祭神は、天照大神と大山祇(おおやまづみ)大神とある。
※ 大山祇神社は瀬戸内にある大きな神社。 鶴姫のいた神社ですね。 鶴姫の話はよかった。 関心ある方は、ここを

12年11月8日 (18)   12年11月8日 (19)

この人たちは、寒い寒いって、戻ってきた。

12年11月8日 (20)

ここから、八丁坂。 10分ほど歩いたら、着いた。 急な登りになる。

12年11月8日 (21)

千畳敷カールの下の方。 山頂駅の姿は、こう。

12年11月8日 (23)

宝剣岳の、直下。

12年11月8日 (22)

下の2人は、上に。 上の2人は、下っている。

12年11月8日 (24)

登っていた2人を追い越した。
この人たちは、若くない。 私より若いが。

女の人は、気が強い。 疲れたら戻るとは言わないで、飽きたら戻ると言った。
男の人は、敬語を使って話している。 女の人は、上司みたい。

急な石段のところで、上から男の人が手を差し伸べた。
女の人は、あんたの手が一番危険、と言って自分で登った。

山は、白くなってきた。 天気が急変。

12年11月8日 (25)

カールの一番上に来た。 2人が、降りてきた。

12年11月8日 (26)

だいぶ登ってきた。 もう少しで、馬の背のような所に着く。 宝剣山荘がある。
もし、猛吹雪に急変したとき、これ以上行ったら、危険かなと考え、ここで戻った。

昨年、富士山の6合目辺りの宝永山に、秋遅く登ったとき、一瞬に猛吹雪になった。
あれを思い出していた。

12年11月8日 (27)

それでも、風は弱いけど、冷たい。 私は、ダウンを着て、その上に、上着。

12年11月8日 (28)

下は、このように見えた。

12年11月8日 (29)

動いているから、体はあたたかい。 雲の動きは早い。 1分後の風景が変わる。

12年11月8日 (30)

降り始めて10分後か、空から雲は消えた。

12年11月8日 (32)

途中で、動画を撮った。 失敗したりして、これは3回目。 2回目の時は、姉から電話。



また、富士山が見えた。

12年11月8日 (34)

この天気を知っていれば、もっと上まで、行った。 でも、それが、落とし穴か。

※ 今朝動き始めたのは、9時。 ブログを書くのを、途中で止めて。 
  2時間早く動き出していたら、もっと上まで行けたかな。
  下っている時が、1時半。 午前中の方が、天気は安定している。

12年11月8日 (35)

どうして、草に雪が付くのでしょう。

12年11月8日 (37)   12年11月8日 (38)

最後にもう一度。 来年の夏、来ることが出来るでしょうか。

12年11月8日 (39)

下りのバス。 すれ違う場所を決めている。

12年11月8日 (40)

山を下りました。 下はまだ秋。 紅葉。

12年11月8日 (41)

これから、中央アルプスの向こうの、木曽谷に行く。
間もなく、権兵衛トンネル。

※ 権兵衛峠が、旧道にある。
  元禄時代、峠道の改善に、権兵衛さんが、力を尽くした。
  トンネルになっても、その恩を忘れないため、名前を残した。
  
  北海道にある、金八トンネルと同じ。 金八峠もある。
  峠に名前をつけるとき、作業していた人達が、金八ねえさんに世話になったと、彼女の名前にした。  
  金八というのは、丸瀬布の料亭にいた、芸者さんの名前。

12年11月8日 (42)

これができて、行き来が楽になった。

12年11月8日 (43)

山の上が紅葉だった10月、千畳カールは、賑わったそう。
間もなく、山は本格的な冬山。 人を寄せ付けなくなる。

【今日の歌】 これから数日間、百万本のバラを紹介。
       百万本のバラの、すべてのスタートは、この曲でこの人です。
       国は、ラトビア。 バルト3国の、真ん中。  ここです



ラトビアが、ソ連の圧政に苦しんでいた時代に、この歌は生まれた。
娘と言ってるのは、国のこと。 ラトビアのこと。
神は、ラトビアの国に、幸せをあげ忘れたと歌っている。
国民は、この歌を聴いて、待っていてもダメで、自らの手で幸せな国を取り戻さなければ、と気づく。
歌が生まれたのが1981年。 独立は、1991年。 10年後だった。

歌詞の意味の詳しくは、数日前紹介したブログの中にあります。

【道の駅】  奈良井木曽の大橋
       ※ 左上に、乗鞍岳が見える。 その右下に、野麦峠。



道の駅に、あった。  新しく作った橋。 復元ではないよう。
  ※ ここからそんなに遠くない、野麦峠に行く途中、雑炊橋という木造の橋が、昔あった。

12年11月8日 (44)

この橋は、太鼓橋。 基本的に、岩国の錦帯橋と造りは同じですね。 小さな部分も、似ている。
  ※  木造の五連アーチ、錦帯橋 ~山口県岩国市~  笠戸島   他  (2010/5/7)

12年11月8日 (45)


【明日の予定】  奈良井宿を歩く。

         ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行は1位、989987651_20121108230532.jpg 旅行全体で3位です。88887878992.jpg
   
          気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                   ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/803-45082236

openclose

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 山の上は冬。 千畳敷カールの、上の方に行ってみた。~駒ヶ根市~  奈良井木曽の大橋  他  (2012/11/8)
  • 2012年11月08日 (木)
  • 22時03分49秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。