fc2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

ちょっとした町並みがあるというので、行くことに。
場所は、天草市五和町御領。  ※ いさわまち ごりょう。
  ※ 元々は、御領村があって、合併して五和町。 さらに合併して、天草市。

石塀が美しいそうだが、中心の場所は分からなかった。
ただ、石垣の美しさが目立った。

そして、岩屋観音と変わった石橋を見た。
    ※    ※    ※    ※    ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

近くの鬼池港から、島原へのフェリーが出ている。



離れた所に車を置いて、歩き出した。 いつもこう。 
苓北町に続く、海岸道路。

13年2月4日 (1)

道を聞いた人が、秋にはお祭りがあると言った。 灯篭の祭り。
調べてみたら、下の祭り。  ※ 写真は、天草観光ガイド「旅島」から、お借り。

13年2月4日 (33)   13年2月4日 (34)

橋の上から。 市街地は、右に広がっている。 
   ※ 左に、天草市の五和町支所。 五和町の単独の自治体の時、役場はここにあった。

13年2月4日 (2)

五和町の御領地区。  案内があった。 これを頼りに歩く。

13年2月4日 (3)

町の中の、古い道。  石垣のような、石塀。  
13年2月4日 (4)

小さな人形。 土人形は、天草では、時々見る。 どこのも、やわらかな、この雰囲気。
右の建物は、閉まっていた。 案内所だろうか。 
御領の祭りも、竹に灯りをともす。  
灯篭は、工夫次第で、いくらでも美しく出来そう。  
  ※ 山鹿に似ているのかな。  山鹿灯篭浪漫  竹灯り  八千代座  平山温泉郷 ~山鹿市~  酔わせてよ今夜だけ  他  (2012/2/10)

13年2月4日 (5)   13年2月4日 (6)

左に、お寺。 石垣が立派。

13年2月4日 (7)

右のお寺も、こう。

13年2月4日 (8)

六地蔵。 像の表面が、剥離しているのがある。
   ※ 石は、きっと砂岩かな。 そういう傾向があるよう。
屋根があって、地蔵さんは、今は一安心。  

13年2月4日 (9)   13年2月4日 (10)

芳證寺(ほうしょうじ)。 代官鈴木重成が建てた寺。

※ 鈴木重成という人は、天草では、神様のような人。 祀っている神社も多い。
  でもこれは、キリシタンを減らすための幕府側の作戦。
  天草の島に入ってから、ずっと、そう感じていた。

13年2月4日 (11)   13年2月4日 (12)

鈴木代官が書いた。

13年2月4日 (13)

あがってきて、振り返って撮影。 いいですね。

13年2月4日 (14)

家並みを通り過ぎたら、岩屋観音があった。 

13年2月4日 (15)

岩に削って、そこに石像を置いていた。 岩を彫る磨崖仏ではない。

13年2月4日 (16)

私は、下から歩いてきた。 
中央に石本家があるが、その魅力は、この時分からない。  晩に調べていて分かった。
江戸時代からの財閥で、こんな石塀の立派な家が残っている。(ネットの写真)
 ※ 島原に行くとき通るから、寄ってみようか。

この地図で、石橋の場所を知った。  途中で人に会わないから、聞けない。

13年2月4日 (17)

堅い岩を、ノミで掘ったんですね。 
私は、そんな作業をしたことがない。 細かな石が、顔めがけて飛んできそう。

最近、こんな写真の時、全部にピントを合わせる練習をしている。
暗いと難しい。 三脚があると、楽かな。 今日は、失敗。

13年2月4日 (18)

ここ岩屋観音の一番の像は、楊柳(ようりゅう)観音。  三十三観音の一つという。
そこは、建物で囲われている。 後で見る。

13年2月4日 (19)

上の写真を下から。

13年2月4日 (20)

京都とかで石仏を見たら、決まりきった顔をしている。
それに比べて、天草のは、個性的。 表情が豊か。 何を思っているのか、想像しやすい。
見ていて、飽きない。

13年2月4日 (21)   13年2月4日 (22)

小屋のような建物の中。  正面にいます。 等身大。

13年2月4日 (23)

横にも並んでいる。

13年2月4日 (24)

こうです。 色鮮やか。 右手(向かって左)に、柳の枝を持ってるそうだけど、はっきりしない。
写真にある、緑の枝葉、柳ですね。 病気を治してくれる。

13年2月4日 (25)   13年2月4日 (26)m

※ 享保十五とあって、これは、1730年。 
  下に、(かのえいぬ)とある。 自分は分からないので、調べてみた。

  十干(じっかん)というのがある。 甲・乙・丙・丁・戊・己・・辛・壬・癸。
  庚(かのえ)は、7番目。

  十二支(じゅうにし)もある。   子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・・亥
  戌(いぬ)は、11番目。

  上を組み合わせると、甲子→乙丑→丙寅→と組み合わせていく。
  十干は10で、十二支は12。 は、47番目で出てくる。

  西暦4年を、甲子にして、スタートした。
  2番目の乙丑は、西暦5年。 2番目だと1年増える。 
  だから、47番目は、46増える。

  という事で、最初のの年は、西暦50年。

  甲子でスタートして、60年後にまた、甲子に戻る。
  は、下のようになる。 
  西暦50年  110年  170年  230年  290年  ・・・・・
  この数字は、どんな数字かというと、60で割ったら、50余る年。

  楊柳観音は、1730年。  1730÷60=3 余り50。
  確かに、書いてあるは、でたらめでない。

  このことは、初めて知りました。

親しみのある、みんないい顔をしています。
天草の仏像は、いい。 

13年2月4日 (27)   13年2月4日 (28)

そう云えば、岩屋観音の石段は、砂岩。 濡れていたので、ツルツル。

岩屋観音から見た、御領の里。

13年2月4日 (29)

変わった石橋ですよ。 石を合わせただけ。 小さければ、確かにこれでいいんですね。
説明に、合掌桁造りとあった。   ※ がっしょうけたづくり。

石を合わせているから、合掌。 横に渡したから、桁。  合掌桁橋とも言うようです。

13年2月4日 (30)

この石橋は、普通の石橋の原型に見えますが、これが発展して出来たのではないんですね。
熊本の石工は、長崎で、西洋の石橋のつくり方を学んだ。
ヨーロッパでは、2000年前に、こんな水道橋を作っている

下の橋も、合掌桁造り。 ほんの少し、上に膨らんでるだけ。
幅は、60㌢。 国東半島の山の中にある。 石橋の向こうは、真っ逆さまの谷。 30㍍はある。
私は、渡れない。 でも、渡る人がいる

13年2月4日 (36)

梅の花です。  右は、歯科医院の前に。 通りには、細やかな心遣いがあちこちにありました。

13年2月4日 (31)   13年2月4日 (32)

小さな町にも、紹介されていない魅力が、たくさんありますね。
御領の町並み、よかったですよ。

【関連ブログ】    霊場、中山仙境に登ってみた ~普通の登山と違う、危険なルートだった~   他  (2010/4/16)

【今日の歌】   山鹿の八千代座で、彼女は歌ったことがあるそうです。 
         まだ歌っているんですね。 通路の穴から、登場したそうです。 彼女の希望で。



【道の駅】  有明



【明日の予定】  この近く。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行 2位、1123qw44e.jpg 3位です。99878uy.jpg
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。 

スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui.com/tb.php/941-831166ab

openclose

10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 五和町御領の町並み。  板碑に彫られた、楊柳観音。  合掌桁造りの石橋。~天草市五和町~  他  (2013/2/4) 
  • 2013年02月05日 (火)
  • 12時54分13秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。